« けじめ、取ります。 | トップページ | ライブドアフェニックスTシャツ »

2005/01/27

最高裁までいくなんて

都国籍条項訴訟:管理職受験拒否は合憲 最高裁が逆転判決
都国籍条項訴訟:「哀れな国」痛烈に批判 原告の鄭さん
(いずれも毎日新聞)

当然の判決だと思います。二審が原告逆転勝訴だったのが信じられない。この手のプロ市民訴訟にありがちなパターンとして、一審で原告勝訴の既知外判決が出て二審で被告が逆転勝訴・・・ってのが多いんですが(小田急線高架化反対訴訟とか)、今回は東京高裁が既知外判決出しちゃったから。

 午後3時、大法廷で逆転敗訴の判決が言い渡されると、鄭さんは10秒近く天井を見上げた。閉廷後の会見では「世界中(の外国人)に『日本に来るな』と言いたい。日本に来て働くのは、税金を納めながら意見を言ってはならない『ロボット』になるということです」と怒りをぶつけた。「涙も出ず、むしろ笑いが先に来た」「大法廷がこんな幼稚な判決とは」。最後まで皮肉交じりに批判し続けた。

あーあ、ファビョっちゃった。管理職を目指そうかという大の大人がこういう態度を取っちゃいけないでしょ。これでは一部プロ市民以外に共感は得られないと思いますよ。

この方が管理職公務員になるために残された道は2つ。日本国籍を取って管理職試験を受験するか、韓国に渡って公務員として採用されるか。これだけです。

これでまたプロ市民どもがギャーギャー騒ぐんだろうけど、こいつらは【国民主権】という日本国憲法の理念をどう思うんでしょうか? こいつらは護憲主義者じゃなかったのかなぁ?w 俺はちきゅう市民じゃないし、公務員は国民のために働くのが仕事だと考えますので、公務員には当該国の国籍が当然必要だと思ってます。

毎日ソースのキティハケーン様と13Hz!様にトラバしてます。

|

« けじめ、取ります。 | トップページ | ライブドアフェニックスTシャツ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けじめ、取ります。 | トップページ | ライブドアフェニックスTシャツ »