« 石田衣良さんサイン会にかこつけて | トップページ | 駄々っ子には拳骨を »

2005/03/17

げに恐ろしきヒューマンエラー

東武線踏切事故、内規違反の操作か…駅保安係を逮捕(読売新聞)
東武鉄道サイトに掲載の謝罪文

読売より。

 捜査1課は、小松容疑者が同社の社内基準などに違反して遮断機を上げた疑いもあるとみて追及する。

せっかく厳格な手順書を作っても、現場の恣意的判断でなし崩しにされては意味がない。鉄道なんて特に規則・規則・また規則できちきちとやっていく業種だと思っていたのですが。悪い意味で仕事に慣れてしまっていて、緊張感を失っていたのでしょう。

東武鉄道の謝罪文より。

今回の事故を引き起こしましたことを、私たち東武鉄道に従事する一人ひとりが深刻に受け止め、今後再びこのような事故を起こさないため、またご利用いただく皆様に不安な思いを抱かせないため、早急に万全の安全対策を講じるとともに、東武鉄道の総力をあげて、信頼回復に向けて努力していく所存でございます。

私鉄最長を誇る東武伊勢崎線の複々線区間(北千住~北越谷)で、竹ノ塚と隣の西新井の間だけが地平区間。根本的解決には立体交差化しかないのですが、東京都や国土交通省や東京メトロ(日比谷線車両専用の車庫がある)、それにもちろん地元住民との調整が必要ですぐには不可能だし、もしできるのならとっくに着手しているはず。しかしこの事故をきっかけに立体化の機運が高まるのでしょうから、積極的に進めていただきたいです。

亡くなったお二人のご冥福をお祈りいたします。

それにしても新千歳空港でのJAL機管制指示違反といい、古くは東海村のJCO放射性物質臨界事故といい、これまではありえなかったようなヒューマンエラーによる事故が増えている。ここまで大ごとにならなくても、小さなミスや油断が損失につながるのはどんな業種でも同じ。業務に取り組む姿勢を見直す機会にはなりました。

|

« 石田衣良さんサイン会にかこつけて | トップページ | 駄々っ子には拳骨を »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石田衣良さんサイン会にかこつけて | トップページ | 駄々っ子には拳骨を »