« 東京大空襲を忘れない | トップページ | どこかにSがいる »

2005/03/11

現代日本に起こせレコンキスタ

「竹島の日」条例案可決 島根県議会委「一番悪いのは政府」(産経新聞)

何度でも言うぞ。島根県議会(*^ー゚)bグッジョブ!!

 政府は竹島について「歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかにわが国固有の領土」という立場。しかし、実際は韓国に対して明確な竹島返還要求は行わず、むしろ「ゆるぎなく友好関係を促進していく必要がある」(細田博之官房長官)ことを口実に、この問題を提起するのを避けてきたのが実態だ。

害務症外務省がなーんにもしないから、しびれを切らして島根県が動いたんですよ。幕末の「薩英戦争」じゃあるまいし、国家間の問題は政府でしっかりやってくださいよ。「ゆるぎなく友好関係を促進していく」ためには、お互い主張をぶつけあう所から始めないといけないのではないかと思うのですが。

 今年は日韓国交正常化40周年にあたり、両国政府は「日韓友情年 2005」としてさまざまなイベントを企画している。「竹島の日」制定に反発した韓国側は、すでに11日に予定していた潘基文外交通商相の来日を延期するなどの動きを見せており、外務省では、「これ以上、友好ムードに水をさすようなことは困る」(幹部)との空気は強い。

別に両国国民が憎しみあってもらいたいと願っているわけじゃない。でもたかがこの程度で壊れるような“友好ムード”なら、そんなもの初めから(゚⊿゚)イラネ

 ただ、政府内にも「政府が『北方領土の日』を制定しておきながら『竹島の日』を制定しようとする地元の動きを抑制するのは筋が通らない」(別の外務省幹部)との指摘もある。

ダブルスタンダードもここに極まれり。いつまで対東アジア外交は“ご機嫌取り”が続くのでしょう? それともこのヘタレっぷりは単なる見せ掛けで、実は一発逆転のために陰謀を巡らせてでもいるとか・・・!?(苦笑)

|

« 東京大空襲を忘れない | トップページ | どこかにSがいる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京大空襲を忘れない | トップページ | どこかにSがいる »