« 大人同士の隣国関係を | トップページ | 町村さんは正しい »

2005/04/13

試掘まであと一歩!!

東シナ海のガス田試掘権、13日にも認定手続き(読売新聞)

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!! 中日新聞のスクープからそろそろ1年、ついにここまで漕ぎ着けましたか。

 日中関係が悪化しているこの時期にあえて手続きに踏み込むのは、2つのガス田が中間線をまたいで日本側とつながっていることが科学的なデータを基に確認できたことに加え、「日本のEEZ内の手続きは本来、日本が主体的に決める問題で、中国の対日感情とは別問題」(経済産業省幹部)との声が政府内で根強いためだ。

じゃあ今まで40年近く放置していたのは何だったの!?・・・とも思うけど、ようやく方針転換してくれただけでも素晴らしい。

 ただ、実際の試掘作業には、作業船の安全確保など重要な課題が残っており、外務省、防衛庁、海上保安庁を含め、政府全体で再度意思統一することが必要となる。

連中が軍艦やら潜水艦やらで威嚇してくる可能性も考えられるから、海保の巡視艇では力不足でしょう。ついに海自の出番か!? (0゚・∀・)ワクワクテカテカ

読売の一面での連載記事「国家戦略を考える 第2部・自覚なき無資源国」の本日分に、白智立・北京大学助教授のこんなコメントがありました。web未掲載のため手打ちで引用します。

「中国では『能源安全』(エネルギー安全保障)への関心が急速に高まっている。エネルギーが途絶えれば、経済の発展が止まり、13億人の仕事がなくなる。東シナ海の問題も、中国では『日本が中国の能源安全を破壊している』と受け止められている」

「日本が嫌がらせしている」みたいに思われているのは気に入らないけど、経済発展に資源確保が追いついていない現状への中国の危機感は伝わってきます。実際に採算が取れるかどうかも定かでない東シナ海ガス田をあれだけ必死になって確保しようとしているのも、その危機感の表れでしょう。エネルギー安全保障への関心は、中国を見習って強く持っていたいものです。

|

« 大人同士の隣国関係を | トップページ | 町村さんは正しい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

参考に中国が主張する領海地図をTBしました。
理不尽さに驚きますよ。

投稿: ko-bar-ber | 2005/04/14 19:51

コメント・トラックバックありがとうございます。

例の地図を見せていただきましたが・・・なんじゃあれ。「盗っ人猛々しい」という言葉しか思い浮かびません。中国も必死なのでしょうが、周辺諸国にとってはたまったもんじゃないですね。

投稿: るもんど | 2005/04/15 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人同士の隣国関係を | トップページ | 町村さんは正しい »