« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の12件の記事

2005/05/30

一国の宰相になるよりも難しいことを

【ダービー】無敗3冠を確信!インパクト5馬身差圧勝
【ダービー】金子オーナー、史上初の“連覇”に感無量
(いずれもサンケイスポーツ)

大外ひとまくりで他の17頭を置き去りにして5馬身ぶっちぎり・・・まるでナリタブライアンのダービーみたい。2着のインティライミは相手が悪すぎたねぇ。

実は先週のオークスは府中で見たんですが、1番人気のシーザリオが勝ったものの最後の最後ギリギリで前の馬を交わしてゴールイン・・・という心臓に悪い(笑)レースでした。それに比べればディープインパクトは安心して見ていられました。もちろん馬券のほうも先週は馬連、今週は馬単でバッチリ・・・俺はこんな安い配当しか獲れないらしい。orz

それにしても「ダービー馬の馬主になることは一国の宰相になるよりも難しい」と言われるのに、それを2年連続で達成する金子さんという人は凄まじい馬主運だなぁ。これまでもブラックホーク、トゥザヴィクトリー、クロフネなどの名馬を所有していた人だけど、キングカメハメハに続いてのダービー制覇は格別でしょうねぇ。

| | コメント (0)

2005/05/29

合掌

邦人拘束:スンナ軍が新たな声明 事件の詳細明かす(毎日新聞)
斎藤さんの弟、政府対応に感謝の意示す(読売新聞)

やはりハリウッド映画のようなわけにはいきませんよね・・・。あの弟さんのためにも生きて帰還してもらいたかった。

| | コメント (0)

2005/05/27

のんきな人々だな

韓国:谷内・外務次官発言で波紋--「米国が韓国を十分に信頼していない」(毎日新聞)
韓国、外務次官発言に抗議 駐韓大使呼び謝罪求める(朝日新聞)

北の核問題が危機的になってきているのに、相も変らぬ低レベルの政争、そこから国民の目を逸らすための対日謝罪要求・・・。もうね、半島にロケットエンジンを取り付けて南北揃って斜め上の宇宙へ旅立たせてあげたいw そこでならいくら火病を起こしても他の誰にも迷惑掛からないしw

朝日より引用:

日本の対応次第では、このところ落ち着きかけていた対日ムードが再び悪化しそうな気配だ。

そりゃ(-@∀@)の願望だろ? アフォか。

毎日より引用:

 谷内次官は25日、記者団に「非公式な意見交換の内容が外に出ること自体が遺憾だ」と述べた。会談内容については「非公式な意見交換なので、コメントしない」と語った。

朝日より引用:
 日本外務省の首脳は26日、記者団に対し、韓国政府の抗議について「よく報告を聞いて(対応を)考えたい」と述べる一方、「非公式な会談の話を公にして、どうこうしろと言う方が、むしろどうか。そういうことでは、非公式な率直な会談は一切成り立たなくなると直感的には思う」と語った。

日本としてはあんなの放置するしかないわけで、谷内次官も苦笑いだろうなぁ。

| | コメント (7)

2005/05/25

国籍なんて関係ない

断交後初、台湾人に叙勲…「緊密化へ一歩前進」(読売新聞)

・・・こんなタイトル付けたらまるでお花畑の地球市民みたいだなぁ(笑)。もちろんそういう意味ではありませんよー。

日本語教育に長年尽力してくださり、日本と台湾の相互理解と交流に貢献してくださった方なのですから、この度の受章はまことに喜ばしいことです。そして日本統治時代を知る世代の方々にも感慨深いことでしょうね。

 日台断交前は、71年の辜振甫・台湾工商協進会理事長(故人)ら台湾人も受章していた。だが、断交・日中国交回復後、日本側に「中国に配慮する雰囲気」(外務省関係者)があり、台湾の受章者はいなかった。今回、政府は「叙勲は国籍ではなく個人に贈られるもの」として、授与に踏み切った。

今までシナに遠慮していたのが異常だねぇ。もし他の国に蔡さんと同じような方がいたとしたら今回と同様に叙勲されるのでしょうし、その際には第三国の目を気にすることはないはずですから。この意味で「国籍なんて関係ない」んです。

日本語や日本の文化が海外で外国人の手によって広められていることは素直に嬉しいなぁ。

| | コメント (2)

2005/05/20

若いなー!!

石原都知事:沖ノ鳥島を視察、日本のEEZアピール(毎日新聞)
石原都知事が沖ノ鳥島を視察…笑顔で「あれは島」(読売新聞)

もう70過ぎのおじいちゃんなのに若々しいねぇ。弟の裕次郎が50ちょっとで亡くなっているだけに、より一層そう感じる。温暖な気候とはいえシュノーケリングにもチャレンジしちゃうのはさすが(読売の画像は説明がないと誰だか分からないけどねw)。

任期も残り2年、東京都と日本のために力を尽くしていただけると確信しています。

超久々に言っちゃえ。石原閣下(*^ー゚)bグッジョブ!!

| | コメント (4)

2005/05/19

ヒトモドキの所業

拉致解決願う木抜かれる 福井県小浜市、いたずらか(共同通信)

最近よくトラックバックをいただく溶解する日本様経由です。先日の仙台の梅に続いてこれですからね。しかもこちらは2度目。植物を傷つけて恥じず、地村さん達の気持ちを踏みにじって平然と隠れていられる・・・「人でなし」という言い方がピッタリだな。きっと犯人は“ヒトモドキ”という人間とは別の種類の生き物なのでしょう。

#1週間以上ブログを放置していたのは、筑紫くんの怪電波攻撃のダメージがでかすぎたから・・・ということにしておいてくださいw

| | コメント (1)

2005/05/11

紅梅無罪

江沢民氏植樹の紅梅、切断される…仙台の青葉山公園(読売新聞)

日本大使館に石やペットボトルを投げ込んだり、日本メーカー製の車をタコ殴りにするような中国の連中と同レベルに堕してどうするよ・・・。情けないったらありゃしない。あの反日暴動のみならず、日本をなめ腐った中国の態度に怒りを感じるのは痛いほど良く分かるけど、こちらはあくまでも冷静でいないと。こんなくだらないことでまたネチネチ文句を言われるのもイヤなものだしさ。

た・だ・し、↑は犯人が日本人だった場合に限りますがね。(・∀・)ニヤニヤ

| | コメント (2)

2005/05/10

無事を祈ります

「危険承知、でも無事で」=イラクで拘束の斎藤さんの弟-千葉(NEWS@nifty:時事)
斎藤さん、仏外国人部隊に21年…陸自空挺団の出身(読売新聞)

夕方のニュースで弟さんの会見を放映していたけど、時折涙で言葉を詰まらせながらも気丈に応じていたのが印象的でした。10年ぶりに聞いた消息がよりによってこんなものとは、どういう気持ちなのか想像もつかないよ。傭兵という生き方を選んだ宿命だと言えばそれまでなのかもしれないけれど、あの弟さんのためにも斎藤氏の無事救出を祈ります。
(そういえば去年の三馬鹿の時には、もちろん助かっては欲しかったけれども「この家族達のためにも・・・」という気持ちにはどうしてもなれなかったっけなぁ)

時事の記事より引用。

 博信さんはイラクからの自衛隊撤退について問われると、「政府の自主的判断でしてほしい。それが兄の生命に合致すればうれしいし、反対の場合でも政府の決定を支持します」と落ち着いた口調で話した。

すでにIrregular Expression様でも取り上げているけど、俺も同意。今回の事件と自衛隊イラク撤退がどこで結びつくのか、記者さんの思考は理解しにくいよ。三馬鹿の時のことが頭にあったんだろうかねぇ。

| | コメント (4)

2005/05/09

GWも終了

とはいえ普通に夜勤だったわけですが(泣)。それでもシフトの都合上、3・4・5の三日間は世間様並みに三連休だったので、せっかくいい天気だったし外出してまいりました。

渋谷で用を済ませ、NHKホール脇を抜けて原宿へ。そのまま表参道を歩くのもありきたりなので、俺にとってはあまりなじみのない“裏原宿”へ行こうと東郷神社方面へ。そしたら境内にこんな看板が。

P1000005

Z旗!! うぉー、アドレナリン全開(笑)。今年は日露戦争100周年。当時の超大国ロシアに怯まず立ち向かい勝ったんだから、明治の人々は偉かった。28日は非番だから訪ねてみようかな。

“裏原宿”は特に見るものもなく表参道に戻る。甥っ子が1歳になったから何かおもちゃを贈ろうと思っていたので、キディランドに入ろうとしたが親子連れで溢れ返っていてやめ。そのまま青山方面へ。

ホンダの新型車のプロモーションイベントをやっていたので覗いてみた。坂口憲二がCMやってるあの車、買おうかやめようか考え中。日なたでシェード全開だと暑い!! ディーラーで試乗したときは薄曇りだったので気にならなかったけど、夏は大変だなこりゃ。

ここからホンダ本社ショールームへ歩いて、じっくり観察しました。あの会場だとキャンギャルがたくさんいて正直ウザかったし。ここの特別展示はこれ。

P1000006

1952年式のカブF型。今のスーパーカブのご先祖様。ピカピカに整備してあって、ガソリン入れればそのまま走れそう。そしてステージにはASIMOが・・・この並びにはちょっと感動。“世界のホンダ”を一代で築いた本田宗一郎ってすごい人物だったんだね。銀座線→JRで帰宅。

以上は5月4日、思いがけずも歴史を振り返ることになったいい一日でした。

| | コメント (0)

2005/05/07

このまま、うやむや?

北京日本大使館、「原状回復」受け入れへ(読売新聞)

これが害夢症クオリティっすか。いくら町村外相が強い調子で物を言ったところで、チャイナスクールどもが台無しにしてくれたんではどうしようもない。この腰抜けっぷりは、五・四運動記念日にデモの一つも起こせなかった中国人民たちと変わらんな。

大使館は中国の非道さの象徴としてあのままの状態で残してもらいたかった。北京オリンピックが終わるまであのままにしておけば、世界中の人に知れ渡るよねw

| | コメント (2)

2005/05/06

仲がよろしいようで

「北」人権に韓国弱腰 国連決議を棄権、擁護も(産経新聞)

北が北なら南も南。この空気の読めなさは一体何なのでしょうか。

「同胞だから北を刺激しない」という思考に至るのが理解不能。むしろ「同胞だからこそ先頭に立って北を非難する」べきなんじゃないかと思うがなぁ。同胞が同胞の手によって強制収容所で日々殺されている・・・国連に出席するような政治家ならこの状況を十分知り尽くしているくせに、あえて北を擁護しているから質が悪い。

 報告によると、国連人権委員会では北朝鮮の人権問題の前に、韓国政府は北朝鮮と歩調を合わせ「第二次大戦中の日本の人権蹂躙(じゅうりん)を強く批判」したとし、「日本の過去を非難しながら現在の北朝鮮で進行している深刻な人権蹂躙に沈黙するのは矛盾だ」と厳しく指摘している。

日本叩きでは一足早く“南北統一”ですなw きっと幸せ回路全開だったんだろうねぇ。まさか国際社会の非難を浴びるとは思いもよらなかったんだろうねぇ。

(5/7 22:00 記事のリンク先を北朝鮮特集→国際に変更)

| | コメント (4)

2005/05/05

そろそろ本気を見せてくれ

万景峰、月末にも入港 大手と船主責任保険締結(産経新聞)
万景峰号、ロイズと再保険=月内にも入港可否判断-改正油賠法で国交省(Yahoo!ニュース・時事)

いくらロイズが保険を引き受けたからって、ホイホイと入港許可なんか出されてたまるかよ。さっさと特定船舶入港禁止法を発動していただかないと。

もういい加減に「対話と圧力」のワンフレーズの繰り返しはやめていただきたい。いつまでも拉致被害者を帰さない上に、この微妙な時期に平気で日本海にミサイルぶっ放すような相手には、「圧力、圧力、ひたすら圧力」しかないでしょ。

(5/7 22:00 産経の記事のリンク先を北朝鮮特集→社会に変更)

| | コメント (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »