« ヒトモドキの所業 | トップページ | 国籍なんて関係ない »

2005/05/20

若いなー!!

石原都知事:沖ノ鳥島を視察、日本のEEZアピール(毎日新聞)
石原都知事が沖ノ鳥島を視察…笑顔で「あれは島」(読売新聞)

もう70過ぎのおじいちゃんなのに若々しいねぇ。弟の裕次郎が50ちょっとで亡くなっているだけに、より一層そう感じる。温暖な気候とはいえシュノーケリングにもチャレンジしちゃうのはさすが(読売の画像は説明がないと誰だか分からないけどねw)。

任期も残り2年、東京都と日本のために力を尽くしていただけると確信しています。

超久々に言っちゃえ。石原閣下(*^ー゚)bグッジョブ!!

|

« ヒトモドキの所業 | トップページ | 国籍なんて関係ない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

日本では拉致され日本人を連れ戻すには北朝鮮と話し合いをするべきだと信じてる人が多数です。

何事も話し合いで解決できると思う平和ボケ人種が多数です。
拉致事件は犯罪なのです、路上で車同士がすれ違う時につけれた傷を話し合いで解決問題とは次元が違いのです。
警察や裁判所が必要な犯罪ですが相手が個人では無いのです。普通は日本はどうする?軍隊を何時潜入させるか?
と問うのが普通の反応なのです。正義が長い間の平和続きで忘却したのです。
暴力行為で誘拐されたら金で買い戻したり援助と引き換えで取り戻したりすればその事事態が犯罪になります。
「国際社会の善意を信頼して」の言葉のある平和憲法をそのまま真に受けて自らの権利を力で守る事を放棄すると
規定してしまってるのです。頭が混乱してどうすればよいか分からなくなってるのです。

「国際社会に善意」が存在していない場合、そして犯罪が起きれば妥協と話し合いで解決すると思い米支援も援助もして無駄なのですがまだまだ話し合いを続けるのでしょうか?国内なら警察というものがあるけれど国際社会にはないのです。
国連も国家安全保障会議も妥協の為の機関で役にはたたないから戦争が起きるのです。
話し合いで決着が着かない時はそれしか最後には無いのです。
多くの人々が湾岸戦争以来、国連の許可が無ければ戦争は出来ないと言う間違った考えに染まってるのです。
日本には依然として米国のイラクに対する戦争は国連に対する造反で間違った事だと考えてる人々がまだまだ多いのです。
だが国連には元々そのような力も権限も無いのです。国際社会には国家を超える権力は存在しないのです。日本では国連が多数決で決めた事は国家を規制すると考えれてる。しかし国連の多数決は正義だろうか
。国連を形成する192カ国のうちアジアやアフリカ、イスラムの国々が過半数を占めそういう国は殆ど国内で国民による選挙も行われていない。又民主主義的なシステムも存在していない。
そういう国が多数結集して民主主義国家の主権を制限する事などはあってはならないのです!

米国の政治理念の一つとして民主主義国によって決めれた国家の決定を多数の国が踏みにじる事は
犯罪であると堅く広く認識されてるのです。此れを「アメリカの独り善がりだ」と日本の一部マスコミが批判してるのが
国家を超えた権力は無いのだからこの批判が不正義なのです。
国連の分担金も支払えない、民主主義も無い独裁主義者の多数の国が勝手に多数決など通る道理が無いのです。
こういう批判こそ不正義なのです。
日本に置き換えて考えて見ると民主主義国の日本の国の国民が多数日本国内や海外から拉致誘拐されてる
独裁者の北朝鮮のような国が武器や金で味方を大勢つけて多数決で日本の主張を蹴散らして
知らぬ顔判決されたら黙ってそうですか・・ど引き下がる国家などもう国家では無いのです。
こういう愚かな思考の罠にはめ込まれ袋小路に佇む姿が日本です。
安保理の中国やロシアのいずれか1国が拒否しても’結果は同じです。
国連の多数決を絶対とする見方が間違ってるのです。
日本人は国連を形成する国家には犯罪的な不正な国々が群れてるのだとちゃんと目を開けて見ないといけないのです。
国連が不正義なものになってしまってる上は地球ノあらゆる国は自らの力によって自分達の正義を守らねばならいのです。
此れが国家存立の最低の限の条件なのです。
国内社会は人々は民主主義により法律が決めれそのルールで運営される組織で守られています。
しかし世界にはそれが無いのです!にもかかわらず日本の人々は平和憲法に「世界の善意を信じて」と書かれてる為に
その善意に対して力で正義を押し通す事を悪だと考えてるのです。
日本人は半世紀以上もこういう教育を受けて爺や婆になるまで来たのです。
その結果北朝鮮による日本人拉致とう犯罪行為’を解決するには金と妥協としか無いと考えてるのです。
歴史にも明らかな人類の正義の原則と国際社会の原則に従えば日本は拉致された日本人を取り戻すには
自らの力に頼るしか無いのです。
竹島、尖閣諸島、北方4島もそうです。領海進入したら打ち払うのが常識です。

拉致された日本の人々を救い出せるのは米国でも、中国、ロシア、ましてや韓国では無い!日本政府そのものが真剣に取り組まないと助け出せませんよ、平河平和研究所で平沼議員が強く主張されるのが当然姿勢です。今でも基本的に中国とロシアは日本が敵であると思ってるし我々も思っています。日本を経済的に弱体化させてアジアにおける力を弱めようとしてる。米国から日本を引き離して米国をアジアから追い出したいとも考えてる。だから日本の人質を助ける手助けなど絶対にしません。むしろこの2国は金豚を後ろから助けてるのです。韓国は北とべったり癒着しています。中国やロシアは北に大量の武器を売っておりテロリストを助ける軍事技術などに協力しています。日本の中に北を助ける組織が政府の中まで居るからです。小泉政権の協力が無ければ北に不正な金を送ったり先端科学技術を横流しっしてる政治家や企業を捉える事が出来ないのでしょうか。日本の政府がしっかりすれば解決する問題で此れは日本の国そのものが問われてる重要問題です。それは竹島、尖閣諸島、北方4島、この沖の鳥島です。経済活動が無ければ岩礁と見なされるのですから行動しか無いんです。身を持って老体に鞭打って果敢に挑戦するしか無いのです。不可能とは脳の中での空想の産物で暇人のする無料のレジャーです。こういう馬鹿空想ゲームするなら大人しく寝たきりになれば良いのです。60年安保、70年全学連闘争した爺さんも社会に役立つ行動をして欲しいです。
過去の過ちや機動隊導入で無駄な税金を支払わされた事は忘れてあげますよ!

投稿: ようちゃん | 2005/05/22 01:13

ようちゃんさん、ご自身でブログを始めてみてはいかがでしょうか? 俺のところみたいなへたれブログのコメント欄にすらこれだけ書いていただけるのですから、内容には期待しております。開設したら必ず読ませていただきます。

投稿: るもんど | 2005/05/22 06:07

都知事はもともと奥さんともどもダイバーだから、チャレンジというほどでもないのでは?
http://www.janjan.jp/area/0406/0406185669/1.php
こちらでも、批判的にではありますが、書かれています。

投稿: やまかず | 2005/05/23 21:12

コメントありがとうございます。

後出しジャンケンみたいで恐縮ですが、石原さんがダイバーなのは知ってました(ずいぶん前に沖縄かどこかで、禁止されているモリで魚を捕まえて問題になったのを覚えています)。でもやっぱり70過ぎでトライするのは若々しい限りですよね。

JANJANの電波浴は後日にさせてください・・・。

投稿: るもんど | 2005/05/24 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒトモドキの所業 | トップページ | 国籍なんて関係ない »