« 若いなー!! | トップページ | のんきな人々だな »

2005/05/25

国籍なんて関係ない

断交後初、台湾人に叙勲…「緊密化へ一歩前進」(読売新聞)

・・・こんなタイトル付けたらまるでお花畑の地球市民みたいだなぁ(笑)。もちろんそういう意味ではありませんよー。

日本語教育に長年尽力してくださり、日本と台湾の相互理解と交流に貢献してくださった方なのですから、この度の受章はまことに喜ばしいことです。そして日本統治時代を知る世代の方々にも感慨深いことでしょうね。

 日台断交前は、71年の辜振甫・台湾工商協進会理事長(故人)ら台湾人も受章していた。だが、断交・日中国交回復後、日本側に「中国に配慮する雰囲気」(外務省関係者)があり、台湾の受章者はいなかった。今回、政府は「叙勲は国籍ではなく個人に贈られるもの」として、授与に踏み切った。

今までシナに遠慮していたのが異常だねぇ。もし他の国に蔡さんと同じような方がいたとしたら今回と同様に叙勲されるのでしょうし、その際には第三国の目を気にすることはないはずですから。この意味で「国籍なんて関係ない」んです。

日本語や日本の文化が海外で外国人の手によって広められていることは素直に嬉しいなぁ。

|

« 若いなー!! | トップページ | のんきな人々だな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>日本語や日本の文化が海外で外国人の手によって広められていることは素直に嬉しいなぁ。

その通りだと思います。

トラックバックさせていただきました。

投稿: 安保 仁 | 2005/05/25 21:50

コメント・トラックバックどうもありがとうございます。こちらからもトラバさせていただきました。

外国の方が日本のものごとに興味を持って学んでくれているというのは、これはもう単純に嬉しいですよ。それならこっちからも・・・って気になりますしね。俺はいつか台湾に旅行してみたいです。

投稿: るもんど | 2005/05/26 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若いなー!! | トップページ | のんきな人々だな »