« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月の12件の記事

2005/06/29

ある意味さすが

中国・大連 日本人学校の教材没収 「台湾」「尖閣」記述を問題視
中国政府、「台湾表記が問題」 教材没収、尖閣分は除外
(いずれも産経新聞)

なにこれ、こんなことが許されるの・・・?

やれ“言論の自由”だの“教育への公権力の介入反対”だのと事ある毎にわめく方々は、当然大連の税関と中共政府を非難してくれるんですよね? それともお得意のダブルスタンダードでスルーかな?w

それにしても、こと領土に関する限り中国の姿勢は一貫しています。日本人学校の副教材にまでイチャモン付けるほどの細かさときたら・・・。日本政府にもあの強硬な態度だけは少しは見習ってもらいたいものです。もちろん「同じことをやれ」とは言いませんよ。あんな連中と同一レベルに落ちたくないw

(7/11 AM1:45追記)
その後この処分は撤回されましたね。ヘタレがw

日本人学校の教材没収 大連税関 罰金処分を撤回(産経新聞)

| | コメント (0)

2005/06/24

この真夏日に・・・

北に経済制裁を、拉致被害家族ら国会前で座り込み
炎天下5時間…拉致被害者家族らの座り込み1日目終了
(いずれも読売新聞)

本日は非番だったのですが所用があって国会前には行けず。明日からはまた出勤なので・・・。こんな俺が呼び掛けても説得力はないでしょうが、土・日が休みの方はぜひ参加しましょう。

そういえば、あの薬害エイズ訴訟支援の座り込みの時は最終日が氷雨だったんだよなぁ。そして今回は真夏日(土・日の予報も)。お年を召された方の多い家族会の皆さんにはつらいでしょうが、これも家族愛ゆえに耐えていらっしゃるのでしょう。くれぐれも体調を崩されませんように。

★電脳補完録:座り込み 若い人の参加をぜひ!

国会議員の方は拉致議連を中心に多くの方の挨拶がありました。ただし、その国会議員の中で最初から最後までご家族と一緒に座り込みをされたのは、西村眞悟議員だけでした。また、北朝鮮に続いて韓国からも強制退去処分を受けたドイツ人医師フォラツェン氏が、ご家族の健康を考えて医師として参加すると言って最初から最後まで座り込みをされていました。

さすがは眞悟先生!!(*^ー゚)bグッジョブ!!

そしてフォラツェン医師も(*^ー゚)bグッジョブ!! しかし韓国からも退去処分を受けていたとは・・・。真実を知るものがパージされ、都合のいい情報だけを受け取って南北融和ムードに浮かれているのでしょう。どーしよーもねー。

★tarochan.net:通りすがりの握手が激励?

それにしてもさ、炎天下のもと高齢の拉致被害者家族にここまでさせる政府って一体なんだろう。国民を愛せない指導者が国の舵取りをしているって有り得るのかね。会期を延長した国会の最優先課題が「郵政民営化」らしいけど、それよりも大事な事があるんじゃないのかね。国民の命よりも郵政民営化が最優先と位置づける小泉が靖国に参拝したところで薄ら寒いだけ。

激しく同意。郵政民営化の議論が重要じゃないとは言わないが、たった今すべき政策課題ですか? 誰のための政府、誰のための国会なんだろう。

※すいません、場所を間違えて“日比谷公園”って書いてました。薬害エイズのネタが頭にあったからごっちゃになってた・・・orz

| | コメント (0)

2005/06/23

ついに来ちゃった"Musical Baton"

最近そこかしこのブログで見かけていた"Musical Baton"、ついに俺のところにも回ってきちゃいました。ここのところ仕事で一杯一杯だった上に、腹の立つようなネタばかりで(NHK-BS1の日韓インチキディベート、茶番劇の日韓首脳会談、台湾の似非先住民族による靖国襲撃などなど・・・)家でPCに向かう気力も起きなかったところへ、格好のネタが舞い込んで来ました。大和撫子は眠らないの花鳥じゅりさんからのご指名とあっては、エントリを書かないなどということがありえますでしょうか?(反語表現w) それではいってみよー!

※トラックバック先の方へ。貴ブログの内容と全然関係ないトラバになってしまうため、もしご迷惑な場合は削除または無視をお願いいたします。

1:Total volume of music files on my computer(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

ゼロ。もちろんWindows内蔵の音声ファイルは除きますよ。今のThinkPadの中には自分の意思でダウンロードやリッピングしたものはありません。以前のVAIOノートの頃はどっさりあったんですが。ちなみにステレオも壊れて捨てたのでDVDプレーヤを使ってます。音はTVから。orz

2:Song playing right now(今聞いている曲)

最近音楽を自分の意思で聴いてねぇなぁ・・・。今は項目3を書くために↓のアルバムを聴いてますw

3:The last CD I bought(最後に買ったCD)

ドルチェ 「吾亦紅(われもこう)」
福岡が地元の女性ヴォーカル&男性キーボードのデュオ。甘くなおかつ凛としたヴォーカルと、爽やかさと力強さを兼ね備えたキーボードの組み合わせは絶妙です。4年ほど前にある公開オーディションで見たのが最初。その時は俺が見ていたバンドが優勝したんだけど(最近ライブやってくれないからリンクしてやんねーw)、負けるならこの人たちかなと思った。その後2回ほどライブで福岡に行きましたよ。しかもそのうち1度はハコがあの【照和】だったから感激したなぁ。この度インディーズレーベルながら全国発売、7月には東京でもライブやるのでぜひ。

4:Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

★渡辺美里「My Revolution」
中・高生~20歳頃まではよくmisatoを聴いていました。結局1度も行かないまま夏の西武ドームライブは今年でファイナルらしい。

★OLIVIA「Color of your Spoon」
5年ほど前に化粧品のCMで聴いて、あのD&Dのオリビアたんがこんな素敵なシンガーになっていたとは・・・とびっくりしました。

★松浦亜弥「トロピカ~ル恋して~る」
【モーニング娘。&平家みちよの妹分】としてデビューしたのに、今はすっかり姉貴分を喰っちまいましたな。ってゆーか、みっちゃん・・・ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

★上戸彩「Pureness」
2002年夏のCDデビュー記念イベントに参加するために買った、俺の所持する中でたった1枚の【コピーコントロールCD】です。

★鬼束ちひろ「月光」
俺が生で聴いた歌手としては最強かつ最高。体調不良で延期された2002年秋の武道館ライブに行きましたよ。鬼気迫るほどの才能のきらめきを感じたけど、あれが最後の輝きだったのかなぁ・・・。

5:Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5名)

こちらから(または相互に)リンクしていて、まだ回ってきていない5人を選ばせていただきました。

じゅりあさん@【音静庵】
kaershowさん@ふろっぐ☆ふろっぐ
キム総帥さん@東亜マンセー協会
yodaway2さん@週刊!Tomorrow's Way
ふらわあさん@Blogになった Diary from Flower Park...

| | コメント (4)

2005/06/18

この党は一体何なの?

北京五輪中止を…民主に「反中議連」(夕刊フジ)

民主党の有志議員(*^ー゚)bグッジョブ!!・・・と言いたいところだがちょっと待たんかーい!!

いやそりゃね、主張は理解できますしがんばっていただきたいですよ。だがしかし一番の問題点は、彼らが民主党の議員であることそのものですよ。だって代表はあの媚中で有名な“ヂャスコ”岡田くんですし(ソースは適当にググれば見つかるかと)、旧社会党出身者が一定の勢力を占めているような党ですから。この約20人には果たして、いざとなったら党議拘束を破り、党を割ってでも自民党の対中強硬派と手を組むことができるのかな? 現状では【保守寄せパンダ】で終わりそうな気がする。

ホント民主党って不思議ですねぇ。自民党も今やぐだぐだだけど、民主党はさらに凄まじい。岡崎トミ子と西村眞悟が同じ党の所属なんて「ぶっちゃけありえなーい!!」w 今やこの党の副代表に納まっている小沢一郎が、十数年前に“政界再編ガラガラポン”を仕掛けたときは、まさかこんな状況になろうとは想像もつかなかったよ。

| | コメント (3)

第二次東西冷戦の幕開け?

中国、空母保有「真剣に検討」…建造着手は否定
中国が新型SLBM実験、数千キロ先の砂漠に着弾
(いずれも読売新聞)

これらの記事を読んで、最初はやっぱり「( ゚Д゚)<チャンコロどもが調子こいてんじゃねぇぞゴルァァァァァァァァァァ!!!」と脊髄反射で怒髪天を突いてしまったわけですがw、ふと思った。

このまま中国に大軍拡させてみたいなぁ、と。

中国が日本とアメリカを仮想敵国と見ていることは明らか。当然、日米は対抗措置としてMDを始め新兵器開発を本格化させるし、自衛隊のあり方も変わってくるでしょう。このまま軍拡競争させてみたらいい。先に折れるのは絶対に中国のほうだと確信します。

思い出してみてください。80年代のレーガン大統領の軍拡政策に対し、ソ連はついていけず国力を疲弊させ、最終的に共産政権崩壊に至った・・・という事実を(超乱暴なまとめですが)。なんぼ中国が“世界の工場”“将来の経済超大国”などと呼ばれようが、現状~近未来の国力ではまだまだ日米が上なのは明らか。日米両政府にはぜひとも、中国に歴史を繰り返させ、中共政府を崩壊させていただきたいものです。

その時点で日本が未だにアメリカの腰巾着なのか、それともハッキリ物を言える国になっているのか・・・にも少し興味はあるけれど、それはまた別の機会にでも。

| | コメント (8)

2005/06/11

歴史認識の共有?ありえない!

まずは前エントリにコメントしてくださった似非紳士さんのブログにトラックバック。すっかり乗り遅れてますが(^^ゞ

日本側代表に俵義文の名があるだけでもう内容は想像つきます。しかし連中はさすがにプロ市民・教育界代表、副読本という手を使ってくるところがいやらしい。日教組への影響力もあるだろうし、教科書を使わずにこれ使って授業を進める教師も続出しそう。教科書じゃないから採択阻止運動もできないし、ましてや絶版を目指す運動なぞできやしないので、不幸にもこの副読本を使う羽目になった生徒さんは、この本の内容がどうなのかを文献やインターネットを最大限に活用して自分で調べていただきたいものです。その過程で学力もつくことでしょう。

そして関連しているこんなニュースが。

「併合条約の効力」などで溝…日韓歴史共同研究(読売新聞)
日韓歴史共同研究報告書

だから歴史認識の共有なんて不可能なんですって。そもそも日本側は歴史を学問的研究の題材として扱っているのに対し、韓国側は政治的主張のための道具としてしか扱っていない(中国にも言えますね)。自国の恥辱の歴史から目を背け、日本を踏みつけにして自尊心を満足させたいだけなのです。学問に対する姿勢自体が異なっていては共同研究など進むはずがない。記事内の小此木教授の発言にもある通り、日本側研究者の失望は大きかったことでしょう。

研究者レベルでこれだけ認識の異なっているものを教育の分野で共通化などできるはずがないし、する必要もない。副読本の話に戻りますが、あんなものを作る俵たちはまさに【確信犯】。日本の将来に対する犯罪的行為ですよ。生徒さんが他国におもねった歴史観を鵜呑みにしないよう、周りの大人たちがしっかりする必要がありそうです。

| | コメント (2)

2005/06/09

ドイツへ一番乗りぃぃぃ!!

日本決めたW杯、一番乗りだ(日刊スポーツ)

今夜は国立競技場のパブリックビューイングに参加してきました。無観客試合の中継をテレビで見るのもアリだとは思ったけど、やっぱりみんなで盛り上がりたかったからねぇ。もう喉がガラガラ。明日が休みでよかった(笑)。

ここまでFWが点を取れていなかっただけに、この試合で柳沢、大黒とFW2枚で2点取れたのは今後につながりそう。8月のイラン戦、コンフェデ杯、そしてW杯本戦・・・と、あと1年かけてきっちり強化してもらいたいものです。

北朝鮮も最後は気持ちが切れたのか火病起こして退場した選手がいたけど、監督もいない、在日のJリーガーもいない(←1人出場していたようです・・・)苦しい状況の中でよくがんばったとは思います。

まぁとにかくよくがんばってくれました。今夜くらいは勝利の美酒に酔いしれましょう♪

      ┌─┐  ┌─┐
      ││  │
      └─┤  └─┤
      _   ∩   _  ∩ にっぽん!
    ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  にっぽん!
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡
 ||    |
 └─┘    └─┘

| | コメント (4)

2005/06/08

イランと一緒に出場を決めようか

さぁ、いよいよドイツ行きに王手!! 北朝鮮にすっきり勝って、世界一早い本大会出場を決めちゃいましょう!! そんな中、イランから嬉しいニュース。

イラン「日本祝福へ」北朝鮮戦PV検討(日刊スポーツ)

どうやらバーレーン戦の前座としてスタジアムで中継してくれるらしい。記事によればイランとバーレーンは仲が悪いようだから、バーレーンへのあてつけという意味もあるんだろうけど、日本に親しみを持ってくれて一緒に応援してくれるんだから嬉しいじゃないですか。イランも勝てるといいですね。

| | コメント (0)

2005/06/07

すごいよ!信孝さん

昨日一日だけで町村外相がネ申発言連発なんですが。内容も全く賛成です。近年ここまで最強の外務大臣が日本にいたでしょうか? 来年の小泉首相退陣後も外相に留まっていただきたいなぁ。

以下、記事抜粋のみで特にコメントは付けませんので、たっぷりお楽しみくださいw (並びは各サイトへの記事アップ時刻順)

町村外相(*^ー゚)bグッジョブ!!

「軍国主義批判とんでもない」 外相、国際貢献を強調(産経新聞・共同)

 町村信孝外相は6日、外務省での会合であいさつし、「靖国神社に行ったから、日本は軍国主義だとか批判もあるが、とんでもないことで、赤字国債を出してまで政府開発援助(ODA)を一生懸命出し続け、90年代は世界一の供与額だったことは胸を張って国際社会に言える」と強調した。小泉純一郎首相の靖国神社参拝に対する中韓両国の批判を念頭に置いた反論とみられる。

 外相は日本のODAについて「平和な国家として諸外国の発展を助けることに大変な情熱を注いでいるという意味で、自信を持っていい」とも述べた。(共同)

町村外相:親中派の福田前官房長官を皮肉たっぷりに批判(毎日新聞)

 町村信孝外相は6日、東京都内での講演で、自民党内の「親中派」とみられている福田康夫前官房長官が5月16日の衆院予算委員会で日中首脳の相互訪問が途絶えている状況を「異常だ」と批判したことについて「福田さんがそう言うのもおかしい。なぜかというと福田官房長官時代にもうすでに相互訪問が行われていないのだから」と皮肉たっぷりに反論した。
 また町村外相は講演で、中国の呉儀副首相が小泉純一郎首相との会談を直前にキャンセルした問題について、訪中した野田毅元自治相が「お互いの外交当局は(事前に)分かってやっているのではないか」と語ったことを念頭に、「誠に不愉快。私が知ったのは当日朝だ。ああいう形で無用に中国に行ってゴマをする人がいるから日中関係はおかしくなる」と痛烈に批判した。

「ごまをするから日中関係がおかしくなる」講演で外相(朝日新聞)

 外相は歴史教科書問題についても「一部の極めて左がかった学者やジャーナリストが韓国に行って『今度こんな教科書が出る。問題ですよ』と言う」のが一因、と述べたうえで「教科書を執筆しているのは、左がかった人たち。ゴルフで言えば左OBすれすれの教科書を書くのだから、軍国主義を賛美するわけがない」と語った。

町村外相「年内に日中首脳会談の実現を」(読売新聞)

 東シナ海のガス田開発に関しては、「日本は日本の法律にのっとった形で粛々と試掘(手続きを)をやっていく。そうなったら、(中国側との)話し合いが進むかもしれない」と述べ、試掘に向けた手続きを進めていく考えを強調。

| | コメント (2)

2005/06/04

よっしゃぁぁぁ!!

日本勝った!!前半34分小笠原弾!ついにドイツへ王手(サンケイスポーツ)

勝ち点3キタ━━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━━!!!

今月は仕事が日中なので深夜の中継を見ていられず寝てしまったのだが・・・さっき起きてテレビつけてほっとしたよ。次の北朝鮮戦も頼みますよ!!

| | コメント (0)

2005/06/02

さすが江之傭兵(または紅之傭兵)

河野議長が歴代首相と会談 靖国参拝「慎重に」で一致(朝日新聞)

もう1本書いちゃえ。これほどくだらない会談もないよな。首相経験者が雁首そろえてご機嫌取りに汲々としているのは情けないにも程がある。貴様らそれでも日本男児か?・・・と言ってみたくなるw さすがに中曽根さんは出席を断ったらしいけど。

 この日の会談で河野議長は、「昨今の日中、日韓関係の急速な悪化は看過できない。大きな原因の一つに、首相の靖国参拝がある」と述べ、関係改善を図るには、首相がこれ以上の靖国参拝を取りやめるべきだとの考えを示した。

仮に総理大臣が靖国参拝をやめたところで、厨狂も癇酷も(ついでに北も)次は「一部極右議員の参拝が問題だ」って言い出すよ。そして靖国に代わる新しい施設を作ったところで「そこにはA級戦犯が(ry」「国民感情が傷つ(ry」って言うんだろどうせ。そして慰霊できなくなったらそれで連中が満足するかといえば、そんなことないに決まってる。南京“大虐殺”、重慶爆撃、731部隊etcetc・・・。連中にはいくらでも日本をゆするネタがあるんだから、一つ譲歩したら永久に譲歩せざるをえなくなる。極東三馬鹿の属国になるのは真っ平御免です。

 一方、小泉首相に靖国神社参拝の自粛を求めている公明党の神崎代表は1日の記者会見で、「個人の信条はあると思うが、国益を考えると首相としては参拝を自粛すべきだ」と強調。首相が参拝を続けた場合は、「連立の基盤に悪い影響があると思う」と語った。

お前らは鳥居をくぐったら戒律違反なんだったよねぇ?

 これに関連し、小泉首相は同日夜、「前から河野議長の考え方はよくわかっていますから。いいと思います。私も適切に判断します」などと首相官邸で記者団に答えた。

いいねぇ、この木で鼻をくくったようなコメント。ここらへんは小泉さんならでは。

| | コメント (2)

これ以上あいつらを調子に乗せるな

韓国漁船、海保の2人乗せ逃走 2時間半後解放 対馬沖
対馬海峡「緊迫の海」に 逃走漁船めぐり日韓にらみ合い
(いずれも朝日新聞)

【音静庵】様とtarochan.net様にトラックバック。いやもう朝からブチ切れですわ。俺がKの国の話題を取り上げるときは、比較的笑ってみていられるネタを生温かい目で眺めることが多いんですが、これはシャレになりません。

海保は「引き続き引き渡しを求めるが、この問題が日韓関係に影響を与えないよう、関係機関と協議しながら慎重に行動する」としている。

今回は100%韓国漁船と韓国政府が悪いんだから、もしこの問題で日韓関係に影響が出たところで日本の責任は一切ないもんね。漁船の韓国側への引渡しはダメ、ゼッタイ。

 檜垣企画調整官は「これだけもめたことはない。彼らは自分たちで調査したいと言っているが、何の法律を根拠にしているのか分からない」といらだちを見せた。

連中が法治国家とは呼べないことがこれで身に沁みて分かったことでしょう。しかしこちらはあくまでも法律や国際条約といったルールに則って行動することで、連中とは違うのだということを見せ付けましょう。

島国である日本にとって、海洋権益は生命線。その最前線に立っている海保の皆さんには頭が下がります。個人的には海自の護衛艦くらいは出してもらいたかったけど、そうもいかない以上は海保の能力をもっと強化してあげないとね。

(16:30追記)
韓国漁船逃走、日本側が巡視艇撤収で合意(読売新聞西部本社版)

「密漁船ウェルカム!」ってことかよ。最悪・・・。

 ◆7管「残念だ」

 難航した協議は、先に船長の身柄を確保した韓国側が、国際法に基づく捜査権を主張する日本側を押し切る形となり、7管では驚きと落胆を隠しきれない雰囲気が広がった。

 7管幹部は「今回のような行為がまかり通れば、現場は混乱に陥る。残念だ。韓国には、日本の主権を侵した船舶を取り調べる根拠法令がないはずで、どのような法律に基づいた行為なのか明示すべきだ」と疑問を投げかけた。

トップダウンでこんな超法規的措置がまかり通れば、現場としてはたまったもんじゃない。心より同情いたします。

| | コメント (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »