« ある意味さすが | トップページ | 想定の範i(ry »

2005/07/04

もう「種牡馬の墓場」とは呼ばせない

シーザリオ圧勝!快挙達成/米オークス(日刊スポーツ)

ちょうど仕事が上がる頃が出走時刻だったので結果が分からず、購読している競馬メルマガの速報版で結果を知ってびっくり! JRAの動画サイトでレースのムービーを見て、その勝ちっぷりにまたまたびっくり!!

ここ数年でヨーロッパや香港のG1を勝った日本調教馬は何頭かいるけど、アメリカのG1勝ちはこのシーザリオが初めてとのこと。またこれがスペシャルウィーク産駒だってのがいいじゃないですか。すなわち今は亡きサンデーサイレンスの孫。去年2着のダンスインザムードはSS直仔だけど、1代を経てもこれだけの産駒を出せたのが素晴らしい。アメリカの年度代表馬でもあったSSを“買っただけ”に終わらせず血をつないでいる、ということを国際的に知らしめることができたのですから。

ユーイチ君も角居先生もノーザンファームもキャロットクラブもよくやってくれました。でもやっぱり、走った馬が一番偉いよね。

#海外競馬の場合は馬券を買えないので、カテゴリを【ギャンブル】ではなく【スポーツ】にしました。(  ̄ー ̄)

|

« ある意味さすが | トップページ | 想定の範i(ry »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
トラックバックありがとうございました。

>アメリカの年度代表馬でもあったSSを“買っただけ”に終わらせず血をつないでいる、ということを国際的に知らしめることができたのですから。

本当にそうですね。戦前、アメリカの人たちはサンデーの孫って判ったんでしょうか?
ただシーザリオ自身、アメリカ血統のかたまりなんですけどね(苦笑)

投稿: でんでん | 2005/07/05 00:01

こちらこそ先にTBしていただきありがとうございます。

シーザリオが勝った後で「ああ、あのサンデーの・・・」って人は多いのでしょうね。さすがにレース前に知っていた人はごく少数派なのだろうとは思いますが(^^ゞ

サドラー×ハビタット×ルファビュルーという累代だけを見ると、むしろヨーロッパの芝のほうが良さそうな気がします。

投稿: るもんど | 2005/07/05 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある意味さすが | トップページ | 想定の範i(ry »