« 1st Anniversary | トップページ | 独自試掘へ視界よし »

2005/11/05

フェミナチ突撃隊

女人禁制の大峰山で女性ら3人が登山強行(朝日新聞関西版)

 住民側が結界門前で待ち構える中、午前9時50分ごろにグループが到着。地元・洞川(どろがわ)地区の桝谷源逸(げんいち)区長(59)は「先人から受け継いだ伝統や生活がある。地元の心情を理解してほしい」と登山中止を求めた。グループ側は今後も話し合いを続けてほしいと要望した。しかし、午後0時半ごろ、3人が結界門をくぐって山に入った。その1人は「問題提起をしたかった」と説明した。

愚かな・・・。本当に愚かな・・・。

【ジェンダーフリー】という魔法の言葉を振りかざせば、宗教的伝統に土足で踏み込むことも許されると思っているのでしょうか? こいつらのやったことは、米軍アブグレイブ捕虜収容所でイラク兵を辱めた女性米軍兵と同じだよ。

いい歳した(と思われる)大人がここまで物事が見えなくなっているのは情けない。

|

« 1st Anniversary | トップページ | 独自試掘へ視界よし »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 「自由」と「平等」とか、このテの人たちには金科玉条のように扱われてるけど、絶対自由と絶対平等自体が両立しない幻想観念みたいなもの。そもそも誰も完全な自由平等なんで求めてなくて、お互いの差を認めた上で活力が出る仕組みがあればいいだけだと思う。

投稿: | 2005/11/05 15:17

コメントありがとうございます! こちらからもTBさせていただきました。

自由について:わざわざ伝統を壊す自由など誰にもありません。それだけ。

平等について:男らしさ・女らしさをお互いが敬い認め合うのが男女平等の大前提でしょう。その上で、例えば給与格差をなくしましょうとかいう主張なら賛成できるんですが。

投稿: るもんど | 2005/11/05 17:13

どうしようもない人たちですね。
背後には解放同盟の影がちらつきます。

伝統や慣習は差別といってますが、傲慢ですね。

投稿: なめ猫♪ | 2005/11/12 14:36

どうもご無沙汰してます。

部落解放同盟がどうのというのはよく分かりませんが、今回の主催者の伊田くんは辻元清美シンパだということは分かりました。「国民の生命と財産を守るつもりがない」などと暴言を吐く国会議員を支援しているんですから、地域の伝統を壊すことなど何とも思わないんでしょうねぇ。

投稿: るもんど | 2005/11/12 16:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1st Anniversary | トップページ | 独自試掘へ視界よし »