« フェミナチ突撃隊 | トップページ | ヘタレすぎだよ・・・ »

2005/11/06

独自試掘へ視界よし

資源獲得へ国際石油・帝石統合 08年6月に合併(フジサンケイ ビジネスアイ)

 国際石油開発はインドネシアなどアジアを中心に石油・天然ガスの開発生産を手がけるほか、大規模とされるイランのアザデガン油田の権益を持つ。一方、帝国石油は新潟県で産出する天然ガスをパイプラインで首都圏に輸送する国内事業が柱。南米や北アフリカで石油開発を手がけ、中国と対立している東シナ海での排他的経済水域付近でのガス田鉱区の試掘権を持つ。

 新会社は、日本政府が開発を後押しするイラン、東シナ海に鉱区を持つことになり、この点から経営統合には政府の思惑が働いたとみられる。

遅ればせながら日本もいよいよ東シナ海ガス田開発へ動き出しました。先日の内閣改造もそうですが、「中国には譲歩しない」という政府の意思がこの経営統合にも反映されているということなのでしょう。

この経営統合がいわば“国策”であるからには、新会社の作業員を丸腰で中国海軍に対峙させることはないと信じたい。護衛艦と哨戒機でにらみをきかせていただきましょう!

フジサンケイ ビジネスアイってトラックバックできるのね。恥ずかしながら送ってみる。

|

« フェミナチ突撃隊 | トップページ | ヘタレすぎだよ・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フェミナチ突撃隊 | トップページ | ヘタレすぎだよ・・・ »