« 定着するかな? | トップページ | 起きててよかったぁ!! »

2006/02/24

あのマンガのPart2が・・・

最寄りの大型書店でどっさり平積みになっていました。前回は発売日直後はどこの本屋でもなかなか見かけなくて、残念ながら初版本を買えなかったんですが、今回はあっさり買えましたよ。

そう、あれ。マンガ嫌韓流2のことです。
(↑なぜかindex.htmに大きく空白がある・・・Firefoxだとindex.htmのFLASHムービーが再生されず空白になるので「ストーリー」のページにリンク)

同時発売のマンガ嫌韓流 公式ガイドブックも併せて購入。他にも増刷された前作マンガ嫌韓流や、別冊宝島『嫌韓流の真実! 場外乱闘編』などの関連本も大量入荷されているのを見ると、やはり前作が売れたからこそだなぁと感慨にふけってしまいました。それに比べ“韓流スター関連本”売り場はひところよりも大幅縮小・・・これが勢いの差でしょうか。

どうやら『マンガ嫌韓流』シリーズはひとまずこれで打ち止めのようですが(『公式ガイドブック』より)、前作も含めて健全な日韓相互理解への第一歩としてふさわしいエポックメイキングな作品だと思います。うちのようなブログを読む方なら大抵買っているんでしょうけど、まだの方はお早めに。( ^ω^)

ところで山野車輪さんってスクリーントーンを使わないんですねぇ。丁寧にカケアミを描き込むのは大変でしょうに。それともああいう細かい作業が楽しいのかな?

|

« 定着するかな? | トップページ | 起きててよかったぁ!! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

『 いまでも台湾は韓国と没交流中??』

『マンガ嫌韓流2』だけ見ているとあたかも
台湾と韓国は断交したままで あるかの様な印象を受けるかもしれませんが、
そうとも言えないことが、次の資料などでわかると思います。

『台湾 したたかな隣人』酒井亨 集英社新書  2006年2月22日
  http://www.bk1.co.jp/product/2646018

のp196の附近には、

92年に台湾は韓国と断交し、一時期は没交渉に近い状態になっていたのだが、
台湾で政権が交代し、韓国でも02年に若手の盧武鉉が
大統領に当選してからは、市民運動や
ウリ党などの政治勢力を中心とした交流が活発化している。

といった主旨の内容が書かれています。


実際それを別の資料で確認してみると

台湾の「行政院」のHPに入り>政策與計畫>重要政策 と順番にはいると
(TOPページ  http://www.ey.gov.tw/mp?mp=1 )
(重要政策    http://www.ey.gov.tw/lp.asp?ctNode=36&CtUnit=15&BaseDSD=7&mp=1 )

 3.立法院第6屆第3會期行政院施政報告 2006/2/8
    の p17,18 (三)相互訪問:、
 5.立法院第6屆第2會期行政院施政報告 2005/9/2
    の p19,20 (三)相互訪問:、
 9.立法院第6屆第1會期行政院施政報告 2005/2/1
    の p19,20 (三)相互訪問:、
 11.立法院第5屆第6會期行政院施政報告 2004/9/6
    の p19,20 (三)相互訪問:
    や p21   (四)提升實質關係成果:
           3、本年五二○慶典、

などを見れば、
韓国から与野党の議員や元大統領などが訪台し、
逆に台湾から民進党、親民党、国民党、
政府上中級レベルの役人・高官などが訪韓している
ことが確認されます。

 また、

 3.立法院第6届第3会期行政院施政報告 の
    p17の (一)一般関係:

 を見れば、
(2005年1月から10月までの間)
人の行き来は、
台湾から韓国へ31万4千人、韓国から台湾へ15万1千人。
貿易では、
台湾から韓国への輸出は約40億2千5百万美元、
韓国から台湾への輸出は約95億3千万美元。

したがって、あながち台湾と韓国が没交流中とは言いがたいことが、
これだけ見ても推測できるのではないでしょうか。

投稿: 国際派 | 2006/04/07 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定着するかな? | トップページ | 起きててよかったぁ!! »