« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の14件の記事

2006/04/29

面会できたことはよかった

横田さん親子、米大統領と面会 拉致解決協力を訴え
米大統領に面会 北へ圧力、日米が呼応
(いずれも朝日新聞)

 拉致被害者横田めぐみさんの母、早紀江さんとブッシュ米大統領との面会が実現したのは、国際世論を喚起して拉致問題を解決したい小泉政権に対して、人権問題に焦点をあてて北朝鮮に圧力を加えたいブッシュ政権が呼応したからだ。

アメリカ側にだって当然メリットがあるからこの面会がセッティングされたのでしょう。核問題が進展しない今、人権問題を持ち出せば北へより一層圧力をかけられますから。日本としても今回はせっかくアメリカを“利用”したのですから、これで目論見どおり拉致問題について国際的に関心が持たれるようになるといいのですが。ひとまずこの法案程度はさっさと通さないといけませんね。

 部屋では、正面にブッシュ大統領と金韓美さんが座った。大統領に向かって右側のソファに早紀江さん、拓也さんらが並んだ。早紀江さんのわきのテーブルにはめぐみさんの写真が飾られていた。

ブッシュ大統領の上着の襟にはブルーリボンがついていましたね。先日のペンタゴン訪問の際もそうでしたが、こういう演出が上手なのはさすがアメリカだなと思わされます。

| | コメント (2)

2006/04/28

アメリカは本気ですが・・・

拉致問題:「口惜しく、悲しく」横田さん米公聴会で証言
拉致問題:横田さん米公聴会で証言 米大統領と面談へ
(いずれも毎日新聞)

なぜこれが日本の国会でできないの? ここまでアメリカにおんぶに抱っこ? ・・・と情けなくもなります。当事者である日本政府の存在感のなさが一層際立ちます。

ともあれ、これでブッシュ大統領との面会を終えればアメリカの国論をバックにできるわけで、日本としても動きやすくなるのですから、もっとガンガン圧力をかけていただきましょう。もうこの期に及んで「対話と圧力」なんて言わせません。

| | コメント (4)

2006/04/27

もういっちゃったの?

海底地名、6月提案も可能 見送り合意ないと韓国(Yahoo!ニュース - 共同通信)

えーと、確か日韓外務次官会談は先週土曜、22日でしたよね? そしてこの発言は昨日、4月26日の水曜日・・・おまいら早過ぎ、早過ぎるよ!! さすが9セn(ry

 盧武鉉大統領が25日の特別談話で地名変更を「当然の権利」と強調したことを受け、韓国側が「日本側の要求で譲歩しない」との原則を示したものだが、6月提案は準備不足により実現は難しい状況だ。

共同通信はこう書いてますけど、彼らはやるといったら必ずやってくれますから。今から楽しみでなりません。

それにしてもキ印不良品の演説といい今回の柳次官の発言といい、あまりにも当たり前過ぎてかえってつまらん。ご自慢の最新鋭戦闘機F-15Kキムチスラムイーグルの雄姿が見たかったなぁw

閣下の憂鬱様にはお返しトラバの代わりにこのエントリを。こんな下品なのを上奏しては斬首だなw

| | コメント (4)

2006/04/23

彼らの辞書に「約束」の文字は・・・!?

「竹島」日韓合意 次官会談 韓国名、提案せず 今回の海洋調査中止(産経新聞)

日韓外務次官会談、妥結ですか。ひとまず丸腰の海保測量船が血を流すようなことにならなくてよかった。

 【ソウル=久保田るり子】竹島近海で日本が計画中の海洋調査をめぐる日韓の対立は二十二日、日韓次官級会談で、(1)韓国が六月の国際会議で竹島周辺の海底地形の韓国名表記提案を行わない(2)日本は今回予定していた海洋調査を中止する(3)両国は日韓の排他的経済水域(EEZ)境界画定協議を五月中にも再開する-の三点で合意した。二日間にわたった協議でぎりぎりの妥協が図られ、両国は危惧(きぐ)された海上での物理的な衝突の危機を回避した。

彼らが(1)を本当に守るのかなぁ? あっさり反故にして提案してくる希ガス。彼らはやれ“独島”だ“東海”だって韓国式名称へのこだわりが半端ないから。ってゆーか、日本側も韓国の掌返しを織り込み済みのように思えてならない。ま、その時は会議での提案却下を目指すと共に、今度はきちんと海保巡視船の護衛つきで調査を行えばいいだけ。(2)で「今回は」中止するってことになったのですから。あとは(3)の通り韓国を二国間協議に引っ張り出すこともできたわけで、外務省には5月に再度踏ん張っていただきましょう。

 二日間の協議は十六時間近くに及び、二十二日夕刻を過ぎても主張の隔たりは埋まらず、「このままでは決裂するかもしれない」との声が聞かれた。韓国側が一度、会議室を出て地下駐車場に向かったところを日本側が呼び戻して、最終協議に持ち込んだ。

もし決裂していたら、それはそれはwktkな事態になっていたんでしょうけどねぇ。

 しかし、政府内には今回の海洋調査が結果的に中止となったことを重く受け止める向きもある。日本は東シナ海の石油ガス田開発や日本列島周辺海域での大陸棚調査などを抱えているが、国際法で認められた正当な行為の海洋調査が、韓国の一方的な要求をのむ形で中止に追い込まれたことは、日本がこうした海洋権益を守っていくうえで今後、大きな支障になりかねないからだ。

 合意では、平成十二年から中断しているEEZの画定交渉を五月中にも再開することも盛り込んだが、韓国が竹島の不法占拠を続けている現状で、画定交渉がすぐに暗礁に乗り上げるのは明らかだ。また、韓国は日本の抗議を無視して過去四年間、海洋調査を強行しており、日本の海洋調査中止を決めた合意で「韓国の行為が既成事実化してしまう」(首相周辺)との懸念もある。

2009年5月までに大陸棚調査を終えなければならない以上、今回の海域もいつかは必ず調査する必要があります。東シナ海で既成事実を積み重ねている中国に誤ったメッセージを送らないためにも、もうヘタレた対応を取ることはできませんね。

| | コメント (3)

2006/04/21

このヒトモドキめが!!

横田さん写真展に脅迫文 札幌の百貨店が会場提供辞退(朝日新聞)

愉快犯か確信犯か知る由もないけれど、人のかたちをしていても人の心を持たぬ、“ヒトモドキ”とでも呼ぶべき生物の仕業としか考えられない。

去年11月の有楽町(俺も見に行きました)を皮切りに立川・新潟・高崎と開催され、先日の横浜展までの累計来場者数が10万人を超えたそうです。札幌展でも多くの人が来場してくれるといいなと思っていたので残念極まりない。何とか開催に漕ぎ付けられるよう願うばかりです。

(4/22 1:50追記)
新しい会場が決まってよかったですね。
それにしてもこういうバカは論外。

| | コメント (0)

2006/04/18

宣言しましたね?

「日本は見すてない」――拉致問題でポスター20万枚(読売新聞)

こんなのもっと早くやって欲しかったのが正直なところ。しかし遅きに失したとはいえ、政府の決意を国民に示したことは評価できます・・・と久々に強引なよかった探ししてみたw

 事前にポスターを見た小泉首相は「非常に端的な言葉で日本政府の決意を見せている。いいじゃないか」と語った。ポスターの評判が良ければ第2弾の作製も検討するという。

第2弾、第3弾と続かせてはいけません。もうこんなポスターを作らなくても済むように、一刻も早く解決していただきましょう。

| | コメント (2)

2006/04/17

41億円浮きますね

対中ODA、無償資金協力も打ち切りへ(産経新聞)

 平成16年度の中国に対する無償資金協力は約41億円。政府は開発途上国に援助を行う目安として、世界銀行の融資指針を参考に、無償資金協力は対象国の国民1人当たり国内総生産(GDP)が1400ドル以下、円借款などは3000ドル以下としている。

 これに対し、中国国家統計局は今年1月、国民1人当たりGDPが1700ドル(約20万円)になったと発表している。世界銀行は今年夏に融資指針を改定する予定で、政府はそれを参考にしながら、対中無償資金協力の打ち切りを決定する。

当然ですな。いつまでも途上国扱いしていては中国様に失礼でしょ。中国自身がこういうデータを出してきているんですから、あくまでもデータに従って供与しなくっちゃね。(・∀・)ニヤニヤ

こういったニュースに出てくる金額からすれば41億円なんてはした金かもしれないけれど、対中政策の象徴としては意味があるのでしょう。金だけ出して恨まれるなんて最低じゃないですか。その分を国内の足りない部分に注ぎ込んでもらいたいし、対外供与なら国益に適うところだけにしておかないと。

 政府は対中ODAの減額分をインドに振り向ける方針で、ODAの面でもインド重視の姿勢を鮮明にする。

引用が前後しましたが・・・。インドが当てになるのかどうかは知りませんが、【遠交近攻】とは外交の基本ですからね。

| | コメント (2)

2006/04/16

必死さだけは見習うべし

中国が中間線またぎ「作業海域」設定、航行も禁止(産経新聞)

連中にとってみりゃ当たり前の行動なんですな。そもそも日中中間線をEEZの境界として認めていないんですから。「うちのEEZ内で設定しただけなのに、なんで小日本が言いがかりつけてくるアルか?」ってなもんでしょ。屁とも思っちゃいない。

 中国側が協議に先立ち設定した航行禁止海域は、日本の中間線主張を拒否する従来の立場を行動で示した形で、日本側を強く刺激、今後の協議を一層複雑にするとみられている。

日本政府が本当に強く刺激されるのか心配ですわ。この件に直接関わる二階経産相や北側国交相(海保は国交省の外局です)が中国の狗も同然だし、何といっても害夢症外務省が中国相手では腰抜けですから。最近は上下朝鮮相手ならようやく少しは強く出られるようになってきたんですがねぇ。安倍官房長官や麻生外相、中川農相あたりの勇ましい発言は国民ウケはしますが(もちろん俺も支持だw)、行動を伴わないことには意味がない。

中国相手には力の裏付けが特に必要だってことをいい加減学んでいただかないと。「どうせ日本は何もできないアル」となめ切っているからこそこんな行動に出たわけだし、日本が形だけの抗議を繰り返すことはそれだけ中国に開発のための時間を余分に与え、既成事実が積み上がることになるのですから。中国は国益確保に貪欲なのですから、日本だって必死にならないと。

(4/18 12:00追記)
中国、航行禁止海域は「誤り」 日本に修正説明(産経新聞)
ちゃんとやればできる子なんだから、次からも頼みますよ( ̄ー ̄)

| | コメント (2)

2006/04/13

特亜の支配は正当な支配!?

「国と郷土愛する」で合意 教育基本法 自公、改正案に明記
「愛国心」合意 自公妥協の産物 「不当支配」文言は残る
(いずれも産経新聞)

こんなのちゃっちゃと改正していただきたいものですが、肝心のここがねぇ。

 また、現行法一〇条の「教育行政」の条文で、教科書検定訴訟や国旗掲揚・国歌斉唱反対運動の根拠として利用されてきた「教育は、不当な支配に服することなく」の文言や、前文の「憲法の精神に則(のっと)り」との条文はそのまま残る。
 一方、日教組が国の関与を排除する根拠としてきた現行法一〇条の「不当な支配」の文言も残った。制定段階でGHQの干渉により見送られた「宗教的情操の涵養(かんよう)」も盛り込まれなかった。

 東京都国立市の教育正常化に努めた元市教育長、石井昌浩氏は「行政が何かやれば『介入』『不当な支配』と攻撃されてきた」と指摘。「活動家教員は一〇条を根拠に訴訟を乱発し、公教育を私物化してきた」と訴えた。

憲法の精神に云々やら宗教的情操やらはさておき、第10条を変えないのでは意味がないのだと言いたい。教育はすでに不当な支配に服していますから!! 日本政府ではなく、特定アジアからのね!! 反日活動に勤しむ狂師どもの論拠がここにあるんだから、ぐうの音も出ないように改正して叩き潰してやらないと。

| | コメント (4)

2006/04/11

握って潰す

内調「機密流出の恐れ」、首相に届かず…領事館員自殺
政府内の情報伝達、安倍氏「随時点検」…総領事館問題
(いずれも読売新聞)

これでは件の電信官氏は“犬死に”ですわ。

 2004年5月に在上海日本総領事館の館員(当時46歳)が自殺した問題で、自殺の2か月後に現地で調査にあたった内閣情報調査室が、「我が国の機密情報が漏れた恐れがある」とする報告書をまとめ、二橋(ふたはし)正弘・内閣官房副長官に提出していたことが明らかになった。

 報告書は、自殺の背景に、中国の諜報(ちょうほう)機関「国家安全省」の脅迫があることも指摘し、機密流出の有無を徹底調査するよう求めていたが、1年半近く小泉首相に伝わっていなかった。

 官僚の判断だけで、外交機密が漏えいしたかどうかの検証が行われなかった可能性が高く、首相官邸の危機管理のあり方に批判が集まりそうだ。

二橋正弘・内閣官房副長官・・・この名前を覚えておきましょう。外務省の体面を守るためだけに1年半放置したのはこの人物。

 同調査室は、この報告書がまとまった直後、首相官邸の二橋官房副長官に提出した。しかし、報告書は小泉首相だけでなく、当時の細田博之官房長官にも届かず、本紙や一部週刊誌が昨年暮れに取材を始めるまでの1年半近く、二橋副長官は指示を出さなかったとされる。

 この問題を巡っては、鹿取克章・外務報道官が1月11日の会見で、昨年暮れの報道があるまで、自殺の事実を官邸に報告しなかったことを公表。安倍官房長官も同日、「官邸に報告はなかった」と述べている。

そもそもこんなことが大々的にスクープ(リーク?)になること自体情けない。どれだけの人物が中国にキンタマ握られているのかと。むしろ官邸にも内緒でカウンターアタックを仕掛けるくらいのことはやっていただきたかったんだが、事なかれ主義の権化たる日本の官僚機構では到底無理ですよね。

一刻も早く防諜のための法整備・組織作りに取り掛からないと。電信官氏のような死者をもうこれ以上出したらいけないですよ。

| | コメント (2)

2006/04/10

金も口も出すように

国連分担金の見直し暗礁、日本提案に中露が反発(読売新聞)

今日は新聞休刊日だったのね。昨日は夜勤明けからそのまま深夜まで帰宅しなかったので、遅く起きて食卓上の新聞を見たら日曜のだった。orz その日曜付の読売から。

 日本政府は3月上旬、国連の通常予算である分担金(年間総額約19億ドル)の2007年以降の見直しに関し、〈1〉安全保障理事会の5常任理事国の負担割合に「3%または5%」の下限を設ける〈2〉3年ごとの負担割合見直しを経済情勢に応じて毎年行う――ことを柱とする案を、国連総会第5委員会(行政・予算)に提出した。安保理常任理事国に対し、「拒否権など強い権限を持つ以上、予算上も相応の責任を果たすべきだ」とし、一定以上分担金を負担させるのが最大の狙いだ。具体的には、約2%を負担する中国、約1%のロシアの負担増となる内容だ。

今や“世界の工場”としてガッポガポの中国、地下資源の積極開発でウハウハのロシア・・・「大金むしられて口も出せない」日本からすれば「ろくに金も出さずに権力を欲しいまま」の中露はうらやましい限りですなw

 日本は、国民総生産(GNP)などを基に算定した本来の負担割合は14・7%だが、途上国割引分を肩代わりしているため、04~06年は19・5%(年約380億円)を負担。

肩代わりを受けている途上国各国が日本に感謝しているという話は聞かないし、どう見てもぼったくりです。本当にありがとうございました。

政府が分担金見直しに熱心に取り組むのは、こうした不公平の是正が第一の目的だが、日本の果たしている重い役割をアピールすることで、“悲願”の常任理事国入りの機会を探る狙いもある。しかし、「外堀」と位置づける分担金改革が暗礁に乗り上げ、「本丸」の常任理事国入りは道筋が見えないのが現状だ。

いっそのこと支払い完全拒否しちゃえばいいんですよ。そして機能不全になって泣きついてきたら、そこで日本は満を持して常任理事国入り・・・どう見ても妄想です。本当にあ(ry

この件では、分担金増額断固反対の中露も、見直し要求している日(米)もどちらも言い分としては正しいのです。日本が巨額の分担金負担を外交の武器として使うようになったのはいい傾向ですが、結果も出せずにこんなところで暗礁に乗り上げてしまっては困ります。「金も出すが口も出す」外交への第一歩として、ぜひとも上手く折り合いをつけられるよう外交当局にはがんばっていただかないと。

| | コメント (2)

2006/04/08

ここは欲望91%のブログです

成分解析をダウンロードして実行してみた。

ぐっじょぶろぐの成分解析結果 :

ぐっじょぶろぐの91%は欲望で出来ています。
ぐっじょぶろぐの5%はスライムで出来ています。
ぐっじょぶろぐの4%はマイナスイオンで出来ています。

ぎゃははは、欲望丸出しかいな。最近アフィリエイトをべたべた増やしたせいなのか!?w スライムやマイナスイオンってことは、多少は和み系・癒し系ブログということなのでしょう(違

るもんどの成分解析結果 :

るもんどの41%は電力で出来ています。
るもんどの30%は魂の炎で出来ています。
るもんどの12%は怨念で出来ています。
るもんどの8%は媚びで出来ています。
るもんどの5%は努力で出来ています。
るもんどの3%は不思議で出来ています。
るもんどの1%は着色料で出来ています。

あー、俺ってやっぱり電気仕掛けだったんだ。それにしても怨念や媚びがええ塩梅ですなぁ。_| ̄|○ ま、これからも魂の炎を燃やして更新がんばりますわ。

| | コメント (0)

2006/04/04

さよぉーならぁー

女性教諭に『公務員不適格』処分 都教委(東京新聞)

実はこのニュース、すでに昨日の産経新聞の紙面には掲載されていたんだが、なぜかウェブには載らなかったんですよね(プロテクトX様を参照)。一日遅れで東京新聞が取り上げてくれたのでエントリ。

それにしてもようやく免職ですか増田都子。懲戒免職ではなく【分限免職】というのは、都教委のせめてもの温情なのでしょうか。↓このサイトを一読すれば、いかにひどい教育が行われてきたか一目瞭然。
『足立16中 人権侵害事件』の真実を語るホームページ

こいつは最早教育者とは呼べない、【反日活動家】とでも呼ぶべき人物。もし自分に子供ができて、担任がこんなのだったら・・・俺は子供を守るために教師と対決できるのか自信がない。本人は24時間闘うつもりのようですが(mumurブルログ様を参照)、これほどの「クラーイ情熱」はどこから来るのだろう。

今回の処分は喜ばしいことではあります。公立学校に反日活動家は不要ですから。どうぞ私学に就職するなり(採用する学校があるのだろうか?w)、自宅で私塾でも開くなりしてオルグ教育活動に勤しんでいただきたいものです。

| | コメント (3)

2006/04/01

♪花見♪

Sakura2006

今日はいい天気で桜も満開!! こんな日はくだらないニュースなんか取り上げる気にもならないねw

明日は天気が崩れてだいぶ散っちゃうだろうから、夜勤明けでそのまま花見して正解でした。ではおやすみなさい( ^ω^)ノシ

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »