« このヒトモドキめが!! | トップページ | もういっちゃったの? »

2006/04/23

彼らの辞書に「約束」の文字は・・・!?

「竹島」日韓合意 次官会談 韓国名、提案せず 今回の海洋調査中止(産経新聞)

日韓外務次官会談、妥結ですか。ひとまず丸腰の海保測量船が血を流すようなことにならなくてよかった。

 【ソウル=久保田るり子】竹島近海で日本が計画中の海洋調査をめぐる日韓の対立は二十二日、日韓次官級会談で、(1)韓国が六月の国際会議で竹島周辺の海底地形の韓国名表記提案を行わない(2)日本は今回予定していた海洋調査を中止する(3)両国は日韓の排他的経済水域(EEZ)境界画定協議を五月中にも再開する-の三点で合意した。二日間にわたった協議でぎりぎりの妥協が図られ、両国は危惧(きぐ)された海上での物理的な衝突の危機を回避した。

彼らが(1)を本当に守るのかなぁ? あっさり反故にして提案してくる希ガス。彼らはやれ“独島”だ“東海”だって韓国式名称へのこだわりが半端ないから。ってゆーか、日本側も韓国の掌返しを織り込み済みのように思えてならない。ま、その時は会議での提案却下を目指すと共に、今度はきちんと海保巡視船の護衛つきで調査を行えばいいだけ。(2)で「今回は」中止するってことになったのですから。あとは(3)の通り韓国を二国間協議に引っ張り出すこともできたわけで、外務省には5月に再度踏ん張っていただきましょう。

 二日間の協議は十六時間近くに及び、二十二日夕刻を過ぎても主張の隔たりは埋まらず、「このままでは決裂するかもしれない」との声が聞かれた。韓国側が一度、会議室を出て地下駐車場に向かったところを日本側が呼び戻して、最終協議に持ち込んだ。

もし決裂していたら、それはそれはwktkな事態になっていたんでしょうけどねぇ。

 しかし、政府内には今回の海洋調査が結果的に中止となったことを重く受け止める向きもある。日本は東シナ海の石油ガス田開発や日本列島周辺海域での大陸棚調査などを抱えているが、国際法で認められた正当な行為の海洋調査が、韓国の一方的な要求をのむ形で中止に追い込まれたことは、日本がこうした海洋権益を守っていくうえで今後、大きな支障になりかねないからだ。

 合意では、平成十二年から中断しているEEZの画定交渉を五月中にも再開することも盛り込んだが、韓国が竹島の不法占拠を続けている現状で、画定交渉がすぐに暗礁に乗り上げるのは明らかだ。また、韓国は日本の抗議を無視して過去四年間、海洋調査を強行しており、日本の海洋調査中止を決めた合意で「韓国の行為が既成事実化してしまう」(首相周辺)との懸念もある。

2009年5月までに大陸棚調査を終えなければならない以上、今回の海域もいつかは必ず調査する必要があります。東シナ海で既成事実を積み重ねている中国に誤ったメッセージを送らないためにも、もうヘタレた対応を取ることはできませんね。

|

« このヒトモドキめが!! | トップページ | もういっちゃったの? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

タイムテーブルがあるんだったら粛々とやるのが当然。
日本政府はこういう騒ぎで外堀を埋めて韓国・中国が強硬措置に出られないような布石を打ってると見るしかないですね。

でなかったら単なる無能。

投稿: 煬帝 | 2006/04/23 21:26

今回の交渉については日本政府の対応は妥当だったと思いますよ。それだけに次の一手が重要です。5月のEEZ画定交渉は見ものですね。

投稿: るもんど | 2006/04/23 22:23

何かそのwktkな展開になって来た感じです(4・26現在)。

投稿: 煬帝 | 2006/04/26 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« このヒトモドキめが!! | トップページ | もういっちゃったの? »