« アメリカは本気ですが・・・ | トップページ | 今度は韓国なんだけど・・・ »

2006/04/29

面会できたことはよかった

横田さん親子、米大統領と面会 拉致解決協力を訴え
米大統領に面会 北へ圧力、日米が呼応
(いずれも朝日新聞)

 拉致被害者横田めぐみさんの母、早紀江さんとブッシュ米大統領との面会が実現したのは、国際世論を喚起して拉致問題を解決したい小泉政権に対して、人権問題に焦点をあてて北朝鮮に圧力を加えたいブッシュ政権が呼応したからだ。

アメリカ側にだって当然メリットがあるからこの面会がセッティングされたのでしょう。核問題が進展しない今、人権問題を持ち出せば北へより一層圧力をかけられますから。日本としても今回はせっかくアメリカを“利用”したのですから、これで目論見どおり拉致問題について国際的に関心が持たれるようになるといいのですが。ひとまずこの法案程度はさっさと通さないといけませんね。

 部屋では、正面にブッシュ大統領と金韓美さんが座った。大統領に向かって右側のソファに早紀江さん、拓也さんらが並んだ。早紀江さんのわきのテーブルにはめぐみさんの写真が飾られていた。

ブッシュ大統領の上着の襟にはブルーリボンがついていましたね。先日のペンタゴン訪問の際もそうでしたが、こういう演出が上手なのはさすがアメリカだなと思わされます。

|

« アメリカは本気ですが・・・ | トップページ | 今度は韓国なんだけど・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本の政治家で演出が上手いのは近年では小泉首相くらいですからね。

投稿: 煬帝 | 2006/04/29 13:17

エロ拓とか橋龍とか、論外な人ばっかりです・・・。

投稿: るもんど | 2006/04/29 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカは本気ですが・・・ | トップページ | 今度は韓国なんだけど・・・ »