« ここは欲望91%のブログです | トップページ | 握って潰す »

2006/04/10

金も口も出すように

国連分担金の見直し暗礁、日本提案に中露が反発(読売新聞)

今日は新聞休刊日だったのね。昨日は夜勤明けからそのまま深夜まで帰宅しなかったので、遅く起きて食卓上の新聞を見たら日曜のだった。orz その日曜付の読売から。

 日本政府は3月上旬、国連の通常予算である分担金(年間総額約19億ドル)の2007年以降の見直しに関し、〈1〉安全保障理事会の5常任理事国の負担割合に「3%または5%」の下限を設ける〈2〉3年ごとの負担割合見直しを経済情勢に応じて毎年行う――ことを柱とする案を、国連総会第5委員会(行政・予算)に提出した。安保理常任理事国に対し、「拒否権など強い権限を持つ以上、予算上も相応の責任を果たすべきだ」とし、一定以上分担金を負担させるのが最大の狙いだ。具体的には、約2%を負担する中国、約1%のロシアの負担増となる内容だ。

今や“世界の工場”としてガッポガポの中国、地下資源の積極開発でウハウハのロシア・・・「大金むしられて口も出せない」日本からすれば「ろくに金も出さずに権力を欲しいまま」の中露はうらやましい限りですなw

 日本は、国民総生産(GNP)などを基に算定した本来の負担割合は14・7%だが、途上国割引分を肩代わりしているため、04~06年は19・5%(年約380億円)を負担。

肩代わりを受けている途上国各国が日本に感謝しているという話は聞かないし、どう見てもぼったくりです。本当にありがとうございました。

政府が分担金見直しに熱心に取り組むのは、こうした不公平の是正が第一の目的だが、日本の果たしている重い役割をアピールすることで、“悲願”の常任理事国入りの機会を探る狙いもある。しかし、「外堀」と位置づける分担金改革が暗礁に乗り上げ、「本丸」の常任理事国入りは道筋が見えないのが現状だ。

いっそのこと支払い完全拒否しちゃえばいいんですよ。そして機能不全になって泣きついてきたら、そこで日本は満を持して常任理事国入り・・・どう見ても妄想です。本当にあ(ry

この件では、分担金増額断固反対の中露も、見直し要求している日(米)もどちらも言い分としては正しいのです。日本が巨額の分担金負担を外交の武器として使うようになったのはいい傾向ですが、結果も出せずにこんなところで暗礁に乗り上げてしまっては困ります。「金も出すが口も出す」外交への第一歩として、ぜひとも上手く折り合いをつけられるよう外交当局にはがんばっていただかないと。

|

« ここは欲望91%のブログです | トップページ | 握って潰す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

取り敢えず滞納しましょう。

督促が来たら条件を出す。

特に中国にはODAも出し、国連分担金も事実上肩代わりなんて甘やかし過ぎ。

投稿: 煬帝 | 2006/04/10 21:56

そうそう、ODAを忘れてました。もらう時だけは発展途上国のふり、そのくせ資源埋蔵国に対しては大国のふりしてヒモ付き援助・・・厚かましいにもほどがあるっちゅーねん。

投稿: るもんど | 2006/04/10 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ここは欲望91%のブログです | トップページ | 握って潰す »