« 面会できたことはよかった | トップページ | いざ鎌倉! »

2006/05/04

今度は韓国なんだけど・・・

横田滋さん15日から訪韓 金英男さん家族らと面会へ
「横田氏とは会わない」…韓国統一相
(いずれも産経新聞)

早紀江さんに続いて今度は滋さんですね。実り多い訪韓になるといいのですが。

 一行は15日にソウル入り。金さんの母、崔桂月さん(78)と姉、金英子さん(48)との面会や、西岡副会長や滋さんらが支援委員会を設立したソウルの脱北者による対北向け放送「自由北朝鮮放送」の金聖民代表らとも交流する予定。

 日韓の拉致被害者家族が連携して、すべての被害者の救出を訴えるのが狙いで、滋さんは「われわれが行くことで、拉致問題で韓国世論を盛り上げることになるのなら」と訪韓を決意した。

韓国の拉致被害者家族にも本当に同情します。南北対立時代には「北のスパイ」と蔑まれ、現在の南北融和ムードの中では逆に「統一への障害」扱いですから。しかし日本の家族会にできることは限られています。俺なんかには想像もつかないほど悲しく悔しいでしょうが、歯を食いしばって韓国の被害者家族自身で韓国国内世論をつくっていただきたいものです。日本でも現在の【拉致=北のテロ】という認識は以前は常識でなかったのですから。

 【ソウル=黒田勝弘】韓国政府の李鍾●(夾の人を百)統一相は3日、近く韓国訪問が予定されている拉致日本人の横田めぐみさんの父、横田滋さんとの面談の可能性について「会う必要性はない。(要請があっても)会う考えはない」と語った。これはソウルで行われたマスコミ団体との討論会の際、日本人記者の質問に答えたもので、李統一相は「問題の切迫性は理解するが、横田氏の訪韓の意味がよく分からない」と述べ、さらにこれまで金正日総書記が日本人拉致を認めたことなど北朝鮮の対応について「日本は過小評価している」と日本を批判した。

それにしても以前にも取り上げた李鍾ソクときたら・・・やっぱりお前は北の操り人形だな!!

豚ジョンイルの「拉致を認めた」発言の意味が分かってない。あれは「一部の跳ねっ返りが勝手にやったことニダ、ウリとしては遺憾ニダ」と言っただけのこと。月刊『WiLL』6月号の加藤昭氏の記事にある通り、拉致が豚ジョンイルの指示であることは明白。まぁきっと分かっていてわざと日本批判しているんでしょう。滋さん達はこんな韓国閣僚に面会する必要など全くないし、日本政府と韓国政府との共闘は期待しないほうがいいでしょう。

|

« 面会できたことはよかった | トップページ | いざ鎌倉! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

最早韓国はあらゆる面で役に立たないどうでもいい国になりつつありますね。

中共は置いておいて、韓国との歴史認識が云々なんてのも「放置しといていいや」って感じ。

釜山まで北の軍隊が迫るのは不味いけど、それ以外に韓国の存在価値が見出せない今日この頃です。

投稿: 煬帝 | 2006/05/04 10:08

うんうん、確かにどうでもいいw 別に俺と韓国に直接のつながりがあるわけでもないし。隣国から観察するには最適のネタってだけですからねぇ。

韓国国民が自国の運命をどう持っていこうと、彼ら自身が決めることなのですから尊重しなければいけませんね。俺は李朝時代並みの暮らしにに逆戻りに偽造$100札1枚。

投稿: るもんど | 2006/05/04 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 面会できたことはよかった | トップページ | いざ鎌倉! »