« 国より先に支援しちゃえ♪ | トップページ | 日本のスイッチ(2006/11/13) »

2006/11/11

これは面白いエンタメ記事ですね

オーマイニュース日本版 糸冬 了 のお知らせ来ました。しかも鳥越俊太郎編集長直々で。

「この記事にひと言」欄への参加方法を改定します ぜひ記事とコメントの両方でご参加ください
★参考:「オーマイニュース」市民記者規約」改定のお知らせ

鳥越くんはこうおっしゃいます。

1. コメント欄でのやりとりは大変有意義なので、コメント欄は現行のニックネームプラスIDの形式で継続します。

2. オピニオン会員の方の知見をもっと記事部分に取り込むため、今回の改善を機会に、オピニオン会員の方には、ぜひ市民記者になっていただき、コメントだけでなく、記事も執筆する形でご参加をお願いしたいと考えています。

ここだけ取り出して読めば文章はもっともらしい。さすが高名なジャーナリスト様ですね。でも所詮は匿名(というか非実名)コメントを排除したいだけでしょ。わざわざ銀行口座まで編集部に晒してコメントし続けるような奇特な人は少ないでしょうし。オーマイへの個人情報引渡しをよしとしないコメント者たちが去っていけば、残るはオーマイの主流をなしている“プロ市民”じみた記者ばかりになるのでしょう。彼らはコメント欄での批判の多さに耐えられなかった。そしてオーマイは場を狭くして彼らを囲い込む選択をした。

俺は《オピニオン会員》じゃないし《市民記者》に登録するつもりもないので、オーマイがどれだけ方針転換しようが別にどうでもいいんです。でもあの5件ずつしか表示できないコメント欄こそ、オーマイで唯一読む価値があったと思ってます。確かに誹謗中傷にしか読めないコメントも多かったけど、記事の論理矛盾を衝く真っ当な批判だって必ずついていた。なぜそれらに向き合えない記者がいるのだろう。自分で精魂込めて書いた記事なんだから、批判のコメントが付くのはきちんと読まれている証拠と嬉しくならないのかな。そしてなぜオーマイは記者が批判に向き合う機会をつぶそうとするのか。記者の成長のチャンスを奪う暴挙とすら言えるよ。

これで約1週間後には新たなお花畑が生まれることになるのでしょう。でもこれではJANJANベリタなどといった先発サイトと変わらない。俺だっていくらプロ市民どもの論理破綻した文章の閲覧を娯楽にしていても、そうしょっちゅう前掲のサイト等にアクセスしているわけじゃありませんので。いずれはオーマイも俺の中ではこれら同様に埋もれていくのでしょう。

さらばオーマイニュース。小さなお花畑で楽しくやっててください。せめて見出しのRSS配信くらいは実装してね。気が向いたら読みに行ってあげるから。あるいはいっそのこと完全にパスワードとSSLで防護しちゃえば? でもそうなると最早サヨク系SNSと呼ぶのが適切だわなw

|

« 国より先に支援しちゃえ♪ | トップページ | 日本のスイッチ(2006/11/13) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62325/12643176

この記事へのトラックバック一覧です: これは面白いエンタメ記事ですね:

« 国より先に支援しちゃえ♪ | トップページ | 日本のスイッチ(2006/11/13) »