« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の12件の記事

2006/12/31

あっという間に1年過ぎた

今年もお世話になりました。

一時期事情があってここの更新を止めざるを得なかったのが残念。良かったことは・・・【日ス輪】に加えていただいて、週1回は強制的にネタができたことかw

今月からiza!の会員に加入してあっちでもブログを書き始めましたが・・・ニュースにコメントを付けるタイプのエントリで産経系ソースのものは、もう全面的にあっちに移行しようかな、と。記事にも記者ブログにも外部からTBできるとはいえ、読んだ記事から1クリックで作成画面に行けるのは楽だもん。うちは元々産経系ソースが多かった上に、iza!オープン後は記事保存期間の長さ(基本的に6ヶ月)というメリットでiza!からの引用が多かったし。

かといってこっちを【日本のスイッチ】ネタ置き場にしちゃうのもつまらないので、どうしていくかはぼちぼち考えます。マスゴミ・特亜・プロ市民ヲチが相変わらず中心にはなるんでしょうが・・・もうお腹いっぱいなのは否めないんだよなぁ。(´・ω・`)

最近は“ダメ出し”エントリが多かったがゆえに、“よかった探し”の初心に帰って書かなきゃと思ってます。来年もどうかご愛読のほどを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/30

ささやかなご褒美とは

これだ!!

Gff_package

GUNDAM FIX FIGURATION #0011 MSA-0011[Ext]"Ex-S"ガンダム(リファイン版)のフィギュアです。実際は4年も前に発売されていたのですが買わないままでした。たまたま本を買うためにAmazonを巡回していた時に新品在庫が1個あったので即購入。マーケットプレイスのほうにはまだいくつかあるようです。

#本当はこっちの方が欲しかったんですが・・・元値が高い上にマーケットプレイスでプレミア付きだったのであきらめましたよ。(´;ω;`)

Msa0011ext

高校生の時に『ガンダム・センチネル』のムックを初版で買って穴の開くほど眺めて、「こんなの絶対作れねーってばヽ(`Д´)ノ」って溜め息ついていた頃が懐かしい・・・。フィギュアで飾っておけるなんて、いい時代になりましたねぇ。このGFFシリーズは型番ごとの出来不出来の差が激しく、また個体差もひどいようで、レビューで高評価だったとはいえ不安は否めなかったんですが・・・満足してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/26

売れ残りケーキみたいなネタですがw

土曜日は勤務を上がって寝てから、クリスマスと弟の誕生日祝いを兼ねて家族で夜の銀座へ。

Chaneltree

ソニービル前に飾ってあったシャネルのクリスマスツリー。「5」の飾り付けにワロタ。食事は数寄屋橋交差点の向かいの不二家レストランでした。ファミレスだから気楽で良いし、《ダンシングペコちゃん》に誕生日を祝ってもらえるw

Demelsacher

翌日のイブに食べたクリスマスケーキは、不二家に行く前に銀座松屋デパ地下のデメルで買っておいたザッハトルテ。昔父がウィーン土産に買って来たホテルザッハの“オリジナル”ザッハトルテは衝撃的に美味かったなぁ。ホテルザッハのレストランでは朝食のデザートに(!)これが出たそうです。デメルのは初めてだったけど、アプリコットジャムがスポンジの表面だけにしか塗ってなく多少あっさり(とはいえ十二分に甘いけど)。無糖のホイップクリームを添えて食すと(*´д`*)

そして今日か明日あたりに、Amazon OTAKUストア(←w)で購入した自分へのささやかなご褒美が届くはず。もうちょっと早く買っておけばクリスマスに間に合ったのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/25

日本のスイッチ(2006/12/25)

中山競馬場に行っていた間に、家にBフレッツが入ったよ(・∀・) さすがにハイパーファミリーではなくマンションタイプですが。OSのRWin値もいじったら、実効速度がこれまでの8倍強!(フレッツADSL8Mタイプ:3Mbps→Bフレッツ:25Mbps) 《ひかり電話》はマンションのホームテレフォンとの組み合わせを検証するため後回しだから通信費は削減できないけど、まぁいっか。

先週の同回答者:140/38586

問1.安倍政権、2007年は盛り返せそうだと
 ■思う
 □思わない
質問が変。そもそも「盛り返す」ほど落ち込んでないし。現状が2代前の森や韓国のノムひょん並みだという認識なんでしょうか、毎日新聞はw

問2.ノロウィルス大流行で、よく手洗いするように
 ■なりました
 □なってない
勤務シフトに穴が開くのでおちおち風邪もひいてられないから、この時期は気をつけてる。ノロに集団感染したら業務崩壊だな(笑・・・えない)。それにしても牡蠣の風評被害の発信源って一体どこなんでしょうね。美味しい生牡蠣を食べよう。ここはお薦めですよ!

問3.いったん終了の6ヵ国協議、今後の進展に期待を
 □一応している
 ■あきらめ気味
こっちにも書いたけど、もはや北なぞ滅ぼすしかないっしょ。

問4.引退レースを終えたディープインパクトに一言
 ■ゆっくり休め
 □もっと走って
選択肢がない。これ以上走れとはさすがに言いませんが、種牡馬としてがんばれ。凱旋門賞に出走できるような産駒を出せればいいなぁ。

問5.亡くなった青島前都知事の「意地悪ばあさん」姿を
 ■覚えています
 □よく知らない
フジの月曜夜7時半から9時までの【月曜ドラマランド】枠でよくやってました。都知事にさえなっていなければ・・・。

問6.本間税調会長、官舎・女性問題で辞任って
 ■妥当な判断
 □レベル低すぎ
この方ものすごく優秀な経済学者なんでしょ? まぁ「ハメられた!」程度に思っているんじゃないかと。

問7.千葉の銚子電鉄、運行費確保のためせんべい販売
 ■けなげな話
 □情けない話
来週は初日の出輸送が待ってます。デハ1001たんを救え!(違

問8.07年、私は人生の転機を迎える気が
 □します
 ■しません
光陰矢の如し、来年もアッーあっという間に1年が過ぎるんだろうねぇ。(´・ω・`) 【日ス輪】の皆様、来年もよろしくお願いいたします。とりあえず新年会オフがあれば行きたいよ。

【日本のスイッチ】については、各社の携帯から毎日新聞公式サイトにアクセスしてください。
【「日本のスイッチ」の輪】については、atsuのB級ニュース批評様をご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006/12/24

ファイナルフライト、完了

ファイナルフライト、完了

去年の有馬とは違って“飛んで”くれました!まぁ俺の馬券もディープインパクトの単勝以外は飛んだわけですが。(T_T)でも今年は悔しくないなぁ。

引退式まで見届けてきました。小さい馬体でよく頑張ったね。いい仔を出して、もう一度凱旋門賞の夢を見せてください。(^_^)/~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/20

もういっちょ書評。

mumurブルログ様にて『朝日vs.産経ソウル発―どうするどうなる朝鮮半島』という本のレビューを読んで、面白そうだったので買ってみた。

・・・いやはや、これは本当に面白かったわ。内容についてはmumurさんが詳細に感想を述べていらっしゃるので付け加えるところもないんですが。

緊張と混迷深まる朝鮮半島。この、一筋縄ではいかない隣人たちとどうつきあっていくべきなのか。

「朝日」と「産経」。立場も主張も正反対のウォッチャー2人が大激論。北朝鮮核開発、歴史認識、従軍慰安婦問題、反日感情、韓国歴代政権の評価、韓流ブーム・・・・・・。はたして両者の間の「バカの壁」は崩せるのか?

これ、表紙カバーの折り返しの部分に載っていた煽り文句なんですけど・・・産経の看板記者・黒田さんという“超強力爆薬”をもってしても、(-@∀@)の市川さんの“バカの壁”は崩れなかったように思えました。黒田さんのおっしゃることのほうが圧倒的に説得力があった。対して市川さんの言うことはほとんど“サヨク小児病”というか、(-@∀@)の中の人の典型みたいな感じ。

当然ながら対談内容は黒田さんのワンサイドゲーム。しかし自社の記者の“バカの壁”を晒して自社の出版物にして売ろうってんだから、(-@∀@)の中の人も商売上手なことでw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/19

面白い試みではあったけど

で、読みましたよ、『撃論』。これで税込\980かぁ・・・高い買い物だったかな。

正直言って構成力も画力も商業誌に載せられるレベルに達していない方の作品が、一番多くページを占領していたのはいただけなかった。ほんの一時期だけよしりん企画に所属していたあなたです、はい。他の作品もほとんどが原作の書籍のマンガ化で、仕方ないとはいえ懸念した通り“絵解き”になってしまっている。『異なる悲劇 日本とドイツ』も『韓国人につけるクスリ』も読んでるからなぁ。『「反日」の超克』を車輪さんがマンガ化した作品はまだマシなほう。

よかった探しをしてみると、読んでためになったのは本そういちさんの作品。北朝鮮の偽ドル札“スーパーZ”を追う偽札鑑定の第一人者・松村喜秀氏について描いたものです。この方は先日のTBS報道特集でも取り上げられていましたね。『奪還』や『めぐみ』の作者だけに安心して読めました。一応マンガとして読めたのは「アイコクなボク」という作品。原作の佐藤健志なんてのも久々に名前を聞いたような。『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』が話題になったのは俺が20歳頃のことだよなぁ。

あまり前例のない“マンガでオピニオン”というジャンルだけに、西村さんも車輪さんも手探りで制作した面が多かったんじゃないでしょうか。その試み自体はGJですが、本の出来は・・・うーむ、となってしまうのは否めません。第2号を出せるようでしたら、がんばっていただきたいです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/18

日本のスイッチ(2006/12/18)

夜勤シフトのせいで【日ス輪】どころか会社の忘年会にすら参加できなかったおいら・・・しかし【第1回イザ!主催 人気記者ブロガーオフ会】の参加権を得ましたので、今夜はせいぜい楽しんでまいりますわ。

先週の同回答者:437/38004

問1.クリスマスソングがずっと流れてるお店の中って
 ■割と好き
 □へきえきする
どんなBGMでもそうだけど、適度な音量で流れてさえいればね。今年のクリスマスイブは・・・もちろん中山競馬場で過ごしますとも。

問2.松坂投手、6年60億円の契約に見合う活躍を
 ■期待してます
 □甘くなさそう
また松坂ネタか。また2択になってない設問か。「甘くなさそう」だが「期待してます」。

問3.税制改正、政府与党の企業減税優先の姿勢は
 □仕方がない
 ■納得できない
代わりに所得税減税しろとまでは言わないけど、税金の取り立て方よりも使い道の議論のほうが大事じゃないの? 無駄遣いをきっちり塞いでいただきたいもの。

問4.ウィニー開発者に一審で有罪。この判決に
 ■注目していた
 □忘れていた
裁判官の心証が相当悪かったんだろうねぇ。

問5.そのまんま東氏も出馬へ。宮崎県知事選の感想は
 ■面白い選挙だ
 □違和感覚えた
別に違和感を覚えるほどの興味もありませんがね。東と離婚したかとうかずこは今何を思うのでしょうか。

問6.今年、10万円以上する個人的な買い物を
 □しました
 ■してません
去年は車、一昨年は今使ってるPCと大物が続いたけど、今年は細々したものが多かった。カーステレオのCDチェンジャー、携帯電話、ブロードバンドルータ程度かな。

問7.今年、自分の内臓脂肪は増えた気が
 ■する
 □しない
皮下脂肪か内臓脂肪か知らないけど、お腹がちょっと出てきたなぁ。これまでがやせ過ぎだったから、今くらいがちょうどいいのかもしれないけど。

問8.あなたの今年1年を、採点してください
 □75点以上
 ■75点未満
何も為さぬまま、あっという間に1年経ってしまったよ。こんなはずではなかったんだけど。○| ̄|_ よかった点は・・・もちろん【日ス輪】に加入したことw

【日本のスイッチ】については、各社の携帯から毎日新聞公式サイトにアクセスしてください。
【「日本のスイッチ」の輪】については、atsuのB級ニュース批評様をご参照ください。

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2006/12/12

どうなのかなぁ、『撃論』

本日発売だそうで。おめでとうございます>西村さん車輪さん

まだこの時間では本屋が開店していないので当然未購入なわけでして、内容は想像するしかないのですが・・・単なる“保守系論壇誌の絵説き”でなければいいなぁ、と。西村さんや車輪さんが中心人物であるのならば、『撃論』が言いたいこと・訴えかけたいことというのは恐らく俺にとっても概ね納得できるものだと思われます。あとは“マンガとしてどれだけ面白く読めるか”を俺は期待したいんですが、これはハードルが高いかなぁ?

あの『ゴーマニズム宣言』にしても、20代の頃の俺がハマって読みふけっていたのは何より“マンガとして”面白かったからこそ。あれをいつしか読まなくなっていったのは・・・やっぱり長く続けすぎて、よしりんがあれ以外のマンガを描けなくなっていったからなんだと思う。

まぁ何にせよ、新しい試みを始めてくれたお2人には敬意を表したいです。これから本屋に行って探してくるので、感想はまた後ほど。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/12/11

日本のスイッチ(2006/12/11)

さてと、iza!に新設したブログとの使い分けをどうしようかな。あっちはシンプル過ぎていじる面白みに欠けるし(テンプレート変更という概念が存在しない!)、これまでの蓄積もあるので、ココログをメインであっちをサブにするのは確定ですが。ひとつ言えるのは、iza!ブログでは【日本のスイッチ】ネタはできないってことだw

先週の同回答者:1049/37922

問1.ガソリン価格の4割が道路のための税金と聞くと
 ■4割は多すぎ
 □貴重な財源だ
また2択になってない。「貴重な財源」だが「4割は多すぎ」。ろくに整備されていない道路もまだまだ多いし、作ったものを保守するための財源としても必要でしょうが、現状のままの一般財源化は納得できません。ガソリンと軽油の税率格差とか、ガソリン税と消費税の二重取りといった問題を解決していただかないと。

問2.映画で話題の硫黄島、地図でどのあたりにあるか
 ■大体わかる
 □わかりません
東京とグアム・サイパンのちょうど中間点なんですよね。要衝になるのも納得。『父親たちの星条旗』はよかった。『硫黄島からの手紙』も絶対見に行きます。

問3.ドーハのアジア大会、チェスが競技種目だって
 ■面白い
 □ちょっと奇妙
どうせなら囲碁やオセロも種目に入れてくれw

問4.来年の東京都知事選、石原氏が3選出馬を表明
 ■続投に期待
 □他候補に期待
四男坊の件はさておき、他にピンと来る候補がいないのも事実。野党はもっとまともな候補を擁立してくれ。前回の樋口恵子みたいなのじゃ話にならんよ。

問5.ロシアの元スパイ毒殺、謎は深まるばかりです
 ■まるで映画
 □ぞっとする
「まるで映画」みたいで「ぞっとする」。

問6.08年にイラク撤退を求めた、米大統領への提言は
 □現実的な提言
 ■何をいまさら
ここまで深入りしておいて、そう簡単にいくものなのかな。

問7.ロンドンの地下鉄は初乗り910円に。自分なら
 ■許容できない
 □我慢できる
10年前ロンドンに行ったときは、朝からストやってて結局乗れませんでした。当時は初乗りいくらだったか忘れたけど、4ポンドなんてべらぼうな額でなかったのは確か。

問8.元恋人に暴露されたら困るエピソード、私には
 □あります
 ■ないです
そんなにエピソードてんこ盛りになるほど長いことつきあった人なんていませんが何か。(´;ω;`)

【日本のスイッチ】については、各社の携帯から毎日新聞公式サイトにアクセスしてください。
【「日本のスイッチ」の輪】については、atsuのB級ニュース批評様をご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006/12/05

避難所だお

今回のココログ大手術に合わせて、急遽避難所を開設しました。うちでも記事引用でおなじみ、産経デジタルさん運営の《iza!》です。

ますますふざけたドメイン名ですがw、こちらのほうもどうぞよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/04

日本のスイッチ(2006/12/04)

業務連絡。明日12/5からココログは2日間の大手術に入りますので、その間はコメントもトラックバックも付けられません。うちからのトラバ送信はメンテ明けになるかと思います。いやもうホントに頼むから無事に終わってくれよ。

先週の同回答者は765/38602。

問1.村上被告、自供はファンドを守るウソと無罪主張
 □ありえる話
 ■信じられない
でも結局解散するんでしょ? まったく口八丁手八丁にも程がある。俺には理解不能。次!

問2.今月から全国で地デジ始まる。我が家のテレビは
 □もう地デジ
 ■まだアナログ
番組を見る頻度が激減しているのに、まだまだ高価な地デジ対応テレビなんか買えないよ。ブルーレイやHDDVDの普及ももう少し先だからモニターとして買うのにも踏み切れないし、アナログ停波ギリギリまで待つつもり。

問3.いじめ問題、「見て見ぬ振りも加害者」との見方は
 ■その通りだ
 □言いすぎだ
でもねぇ、この歳になったからこそ言えるんだよね。実際とばっちりを避けるために傍観してたもん。誰にだってこういった苦い思い出はあるんじゃないでしょうか。

問4.入学金や授業料払った学校に入学取りやめたこと
 □あります
 ■ないです
大学には付属高校からの進学だったので。普通に受験していたらこういうこともきっとありえた。

問5.ヒヨコ型お菓子の形をめぐる裁判、感じたのは
 ■競争の激しさ
 □面白い争い
当事者の製菓会社にとっては「面白い」どころじゃないでしょ。

問6.NHK受信料、強制徴収の法的措置をついに実施
 ■妥当な対応
 □反発感じる
“皆様の受信料”を集めた後の使い道のほうが問題だろうによ。中国にタダ同然で番組を売ったり、韓国アニメを相場を無視した高値で買ったり、売国プロ市民の主張を垂れ流したり・・・なんてことばっかりでは払う気失くしそうになります。

問7.野菜が豊作すぎて、価格調整のために廃棄って
 ■間違ってる
 □仕方がない
将来大不作になったときに今回のことを思い出すんでしょうかねぇ。

問8.実は私、マグロのトロにありがたみを感じません
 ■はい
 □いいえ
さっぱりした赤身のほうが好き♪

【日本のスイッチ】については、各社の携帯から毎日新聞公式サイトにアクセスしてください。
【「日本のスイッチ」の輪】については、atsuのB級ニュース批評様をご参照ください。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »