« 日本のスイッチ(2006/12/11) | トップページ | 日本のスイッチ(2006/12/18) »

2006/12/12

どうなのかなぁ、『撃論』

本日発売だそうで。おめでとうございます>西村さん車輪さん

まだこの時間では本屋が開店していないので当然未購入なわけでして、内容は想像するしかないのですが・・・単なる“保守系論壇誌の絵説き”でなければいいなぁ、と。西村さんや車輪さんが中心人物であるのならば、『撃論』が言いたいこと・訴えかけたいことというのは恐らく俺にとっても概ね納得できるものだと思われます。あとは“マンガとしてどれだけ面白く読めるか”を俺は期待したいんですが、これはハードルが高いかなぁ?

あの『ゴーマニズム宣言』にしても、20代の頃の俺がハマって読みふけっていたのは何より“マンガとして”面白かったからこそ。あれをいつしか読まなくなっていったのは・・・やっぱり長く続けすぎて、よしりんがあれ以外のマンガを描けなくなっていったからなんだと思う。

まぁ何にせよ、新しい試みを始めてくれたお2人には敬意を表したいです。これから本屋に行って探してくるので、感想はまた後ほど。

|

« 日本のスイッチ(2006/12/11) | トップページ | 日本のスイッチ(2006/12/18) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も悲しいことに、途中から「ゴー宣」読まなくなりました。多分るもんどさん同様に漫画として読めなくなったからかも。。。
SPA!でオウムと戦ったりしている頃は、とても面白かったんですけどね。

そして、小林よしのり氏が言いたかったことが、今になってわかる事実。
そして撃論のように漫画でオピニオンをやる時代・・・。
10年前には想像できないことだらけです。10年先はどうなっているんですかね。

投稿: 佐倉純 | 2006/12/12 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62325/13039624

この記事へのトラックバック一覧です: どうなのかなぁ、『撃論』:

» 近況とか、撃論とか…… [ぼやきくっくり]
 風邪引いてしもうた。夫にうつされたみたい。 年末進行の忙しい時に困ったもんです(T^T) (あ、私は印刷会社の外注として在宅で仕事してます)  [続きを読む]

受信: 2006/12/13 14:47

« 日本のスイッチ(2006/12/11) | トップページ | 日本のスイッチ(2006/12/18) »