カテゴリー「ニュース」の114件の記事

2007/03/10

放火魔のくせに

吉田清治なる者の作り話をソースに【従軍慰安婦強制連行】糾弾の火をつけて回ったのは(-@∀@)、お前らじゃないか。しれっと他人事を装いやがって、くまぇりかよw

 細かな事実にこだわって弁明ばかりするよりも、民族や女性の人権問題ととらえ、自らの歴史に向き合う。それこそが品格ある国家の姿ではないか。

どうも最近、(-@∀@)だのテロBSだのの売国マスゴミが【国益】だの【国家の品格】だのという言葉を使いたがりますなぁ。どこの国の国益のために工作しているのかは、日米離間をどこが喜ぶかを考えればもう言うまでもないでしょうがねw

記事:(☆はウェブ魚拓)
慰安婦問題―国家の品格が問われる(朝日新聞:社説) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/02/23

「日」本を北に「侮」らせるよ

最近のうちのブログ、【日本のスイッチ】ネタと毎日新聞批判ネタばっかり・・・もはや竹橋に足を向けて眠れないね。実際は北枕になるのでやむなく足を向けていますけどw

本日の極上毒電波の発信元は、政治部の大貫智子たん。どこかで目にした名前だと思えば、すでに盟友・チョロQさんが紹介していたじゃないの。

 現時点で北朝鮮との対話の場は6カ国協議しかなく、北朝鮮と顔を合わせる貴重な機会である同協議で、日本が拉致問題を訴えるのは当然だ。一方、北朝鮮のミサイル発射や核実験で、最も安全保障上の脅威にさらされるのは、ほかでもない日本であり、状況は深刻度を増している。まずエネルギー支援を「安全保障上のコスト」(政府筋)と受け止め、日本が核問題解決に責任を持つべきではないか。それが協議の中で拉致問題を訴える力となり、拉致問題解決へのテコにもなりうると思う。物事が動かなければ何も解決しない。
(傍線はるもんどによる。以下同様)

どうしても北への援助を日本に負担させたくてさせたくて仕方ないみたいね。残念ながら、サイレント魔女☆りてぃサイレントマジョリティの意思はこうなんですが魚拓)。当然今回も、あんたらが重視するサイレントマジョリティの意思を尊重して記事を書くべきだったんじゃないの?w

 「歴史の検証に堪えられるよう努力したい」。北京での協議が始まる前、協議関係者が語った言葉を私は自分にも当てはめ、取材をしながら反芻(はんすう)していた。この言葉を安倍首相も真摯(しんし)に受け止めてほしい。首相はまず、北朝鮮政策について自由な議論ができる雰囲気をつくることから始めるべきだと思う。

あれれれぇ!? 中川(酒)政調会長の“例の発言”をよってたかって叩きまくった中に、あんたらの新聞も含まれてませんでしたっけ? ま、連中に「ダブスタ( ・∀・ )カコワルイ」と叫んでも無駄でしょうがね。

マスゴミ内部にこんな工作員じみたのが蠢いていることこそ、よっぽど安全保障上の脅威じゃないかとw

記事:(☆はウェブ魚拓)
記者の目:硬直した日本の北朝鮮政策=大貫智子(政治部)(毎日新聞) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/07

更迭ジーグ

♪嘘が飛び出す、ババンバン! 不祥事飛び出す、ババンバン! パクリの威力だぁ~、更迭ジーグぅ~♪

えーすいません、久々の(-@∀@)ネタにはこっちも電波ソングで対抗してみましたw つくづく(-@∀@)の編集局長とは長続きしないポジションだことで。

しかしなぜ今更、カメラ一筋20年のベテランを記事を書く記者にしようとしていたのかもよく分からん。「時間ねぇー! パクってでも何でも記事を仕上げなきゃぁぁー。でも今更、若手に教えを乞うのもなぁ・・・ええい、止むを得ん!」って感じで、つい他紙に手が伸びてしまったんでしょうかねぇ?

さーて、今度の人はどれくらい続きますかねぇ? 次はどんな不祥事が露見することやら。・・・まるでお局OLみたいな気持ちになってますw

記事:(☆はウェブ魚拓)
記事盗用、朝日新聞社が編集局長ら更迭…新たに2件 
朝日新聞、一昨年から編集局長更迭3人目…不祥事多発 
(以上、読売新聞)
朝日の記事盗用、新たに2件(新潟日報) 
★朝日新聞:本社記者による記事盗用問題で処分 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/24

そんな大人、修正してやる!

・・・ってカミーユみたいに叫びたくもなるっちゅーねん。さすがに“修正”はできないがw

そもそもサボタージュ自体が非常識な上に、「調査結果がどのように使われるか不透明」「調査を実施することでいじめ問題が早期に解決するかどうか見えない」などという拒否理由も支離滅裂。

 北教組本部の小関顕太郎書記長は読売新聞の取材に対し、調査への組織的な非協力を文書で指導したことを認め、「いじめの実態は学校現場で把握し、対応している。全道一律の調査は必要ない」などと話している。

↑特にこれは何ですか、これは。現場で把握・対応できていれば、滝川市の少女が自殺することなんかなかったかもしれないのに。まだ記憶も生々しいのに、よくこんな言葉を口にできるもんだ。

北教組にはきっと、教育基本法改正反対を叫んで学校を放り出して国会前で座り込みしていたようなのがたくさんいるんでしょう。生徒のことよりも政治運動を重視するような屑どもだとは認識していたが、これほどまでとは。北海道の公立学校に通っている子供もその親も気の毒だわ。

iza!記者ブログの看板・阿比留瑠比さんの国を憂い、われとわが身を甘やかすの記にTB。俺は読売の記事はさすがにiza!ではなくこっちで取り上げます。

記事:(☆はウェブ魚拓)
「いじめ調査に協力するな」北海道教組が支部に通達(読売新聞) 

(20:00追記)
YOMIURI ONLINEの教育カテゴリに、保護者や校長・教師のコメントがついたより詳細な記事がありました。
道教委のいじめ調査、北教組の組織的非協力に批判の声(北海道) 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007/01/20

本日のお薦めはインドネシア産石炭の天ぷらでございます

よくこういうアイディアを思いつくものだよ。技術立国・日本の底力はまだまだ強力ですねぇ。あとはコスト面さえクリアできれば。

神戸製鋼所の社員食堂で昼飯に天ぷらそばや天丼を食べていたときにひらめいた・・・なんてエピソードでもあると更に楽しいんだけどw ぷろじぇくと・えーっくす!(・∀・)

記事:
石炭を“天ぷら”で高品質化、インドネシアに実証工場(読売新聞) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

毎日の家族会分断作戦

実行者は中澤雄大記者。いやぁホント、毎日の“基本的に署名記事”っていう方針は嬉しいね。工作員もどきの真似をした記者の実名をこうやって半永久的に晒しageることができるんだからさ。他社も見習えw

当然ながら、当の家族会は報道内容を全面否定。産経の記事によれば面会場所にはテレビ局の記者も予め待ち構えていたらしいし、マスゴミぐるみの分断作戦とも言えるかもね。面会は蓮池透さんからの要請だったとはいえ、ここまで捻じ曲げられて報道されては不本意もいいところでしょう。

それにしても昨年後半から毎日の電波っぷりが凄まじい。“売日新聞”とか“侮日新聞”などと揶揄されているのは伊達じゃないな。もはや(-@∀@)を超えたかw

溶解する日本様から別エントリにTBをいただいていたので、本エントリをお返しTB。また話の花束様では増元氏のコメントが音声ファイルで速報されてます。

記事:(☆はウェブ魚拓)
拉致問題:山崎氏訪朝「風穴開けた」蓮池透さん評価(毎日新聞) 
家族会・蓮池副代表 山崎氏の訪朝を評価(日本テレビ) 
個人プレー、二元外交…家族会が山崎氏訪朝を批判(産経新聞) 

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007/01/06

お前は一体何をやってるのだ

だ・か・ら、あんたは高校の社会科の教師になりたいんじゃなかったのかい? 今のような生き方は、本当にあんたが望んでいたものなのかい?

以前にも書いたけど、胸に手を当ててよーっく考えて欲しいよ。

記事:東京HIV訴訟の原告、川田龍平氏が参院選出馬へ(読売新聞)
☆ウェブ魚拓はこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/05

毎日さん、がんばってくださいね(棒読み

元日早々2ちゃん批判という毎日新聞の特集、ようやく一通り読みました。新年から飛ばしてますなぁ。(・∀・)

★MSN毎日インタラクティブ:ネット君臨
★まいまいクラブ:取材班特設ブログ

感想は・・・つまらん。勉強不足。出直せ。

児童ポルノなんか例に挙げられても、こんなの“インターネットの闇”の例にならないでしょ。ネットがどうのという以前に明らかな犯罪なんだから。まぁ敷居は低くなったのかもしれないけどさ。

殺人に使われることもあるから包丁の販売を規制するの?
オレオレ詐欺に使われることもあるから電話の使用を規制するの?
女子高生のパンツ覗き見に使われることもあるから手鏡の所持を規制するの?w

・・・バカバカしい。

あと、2ちゃんねるは決して匿名掲示板じゃありません。“名前(ハンドルネーム)無記入でも書き込める掲示板”ってだけ。おかげで「○○を爆破する」だの「××を殺す」だの書き込んだバカが何人も逮捕されてる。書き込み者のIPを記録するってのはこういうことなんです。まさか記者さんも知らないとは言わないよねぇ?(・∀・) 例の“死ぬ死ぬ詐欺祭り”にしたって、難病の女の子に助かって欲しくない人なんてほとんどいなかったはずだし。

マスコミにはマスコミの、ネットユーザーにはネットユーザーの“分”というものがあると俺は思う。これだけブログが普及したって、記者やジャーナリストのように独自取材でエントリするブログなんてまず滅多にない。ノウハウもないし、記者クラブがネタをくれるわけでもないし、そもそもネットだけでは食えないw(オーマイニュース? 論外!) うちもそうだけど大抵のニュース系ブログや、それこそ2ちゃんねるのニュース系の板では、新聞記事をニュースソースとしてコメントをつけていく形がほとんど。それだけマスコミの力ってのは相変わらず強いし、専門職たる記者さんには“プロの技”を見せていただきたいんですよ。この特集みたいな表層だけのネット批判ではねぇ。┐(´д`)┌

以前に比べてマスコミの置かれる環境が変わった点は、ネット経由で誰でも即時にニュースに意見をつけられるようになり、それを共有できるようになったことでしょう。結果として捏造や世論誘導が続々暴かれて“マスゴミ”呼ばわりされるようになってきているんだけど。毎日新聞を始めマスコミの中の人も戸惑ってるんでしょうねぇきっと。

毎日新聞さん、今後この特集がどんな展開を見せるのか楽しみに待ちますよ、いろんな意味で。まずは大手紙サイトの中で飛び抜けて読みにくいmainichi-msn.co.jpを何とかして欲しいところですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/10

国より先に支援しちゃえ♪

【主張】命令放送 納得できる仕組みが必要(iza!:産経新聞“主張”)

屑野党や屑マスゴミの批判大キャンペーンに晒され続けてますねぇ。産経すら慎重気味とはちょっとがっかり。別に放送法第33条を踏み外して強権発動しようとしているわけでもなし、どこが問題なのか理解できかねるんですが。そもそも真っ先に批判されるべきは38度線の北側の金豚帝国だろうによ! 都合のいいときだけ“報道の自由”とやらを振りかざすマスゴミどもには吐き気を催すよ。

 同趣旨の北朝鮮向け短波放送は、拉致被害者の救出活動を続けている民間の特定失踪(しっそう)者問題調査会がすでに昨年10月から始めている。その活動を政府として、財政面・運営面でより拡充・強化すべく支援するという選択肢もあるのではないか。
 今回の命令放送には、調査会側からも拉致問題への無用な誤解と混乱を招きかねないとして、困惑する声が上がっている。
 命令放送の最大の狙いが拉致被害者・家族の救済にあるというのならば、実施に当たっては、そうした懸念にも耳を傾ける必要があろう。

荒木会長も一方的なやり方には懸念気味ですが、きっと安倍ちゃんはこちらの選択肢も十分考慮していることでしょう。でも即日実施できるかというとそうもいかない。今こそ民草の力を見せましょうよ!

↓詳細はこちらへ!!↓
特定失踪者問題調査会>■北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」■

#今回のタイトルは拉致問題ポータル・電脳補完録様のトップ項目からいただきましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/22

おめでてーな

「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決(iza!:産経新聞)

屑教師ども(と反日マスゴミ)が屑裁判長の屑判決で大喜びですか。ま、どうせ高裁で逆転するに決まってますが。もう長々と書く気が失せ失せですわ。

 小泉純一郎首相は21日、国旗国歌の強制は違法とした東京地裁の判決に関連し「人間として国旗国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題だ」と述べた。

こればっかりは大賛成! 常識知らずな連中が子供に教育だなんて笑わせる。

(追記)
国旗・国歌で起立・斉唱強制、都教委通達は違憲…地裁(読売新聞)

この記事もリンクしておこう。産経ではなく読売を元にエントリ書いたほうがよかったな。

 一方で、判決は、国旗掲揚や国歌斉唱について、「生徒が日本人としての自覚を養い、将来、国際社会で信頼されるために、国旗国歌を尊重する態度を育てることは重要で、式典で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることは有意義」と認め、「教職員は国旗掲揚、国歌斉唱に関する指導を行う義務を負い、妨害行為や生徒に起立などの拒否をあおることは許されない」とした。

 ただ、教職員個人が起立を拒否しても、「式典の妨害や国旗国歌を尊重する態度を育てる教育目標を阻害するおそれはない」とし、「懲戒処分をしてまで強制するのは、少数者の思想良心の自由を侵害する行き過ぎた措置」と述べた。

生徒の立場を考慮して記事にきちんと取り上げているのがGJ。「生徒には指導すべし、しかし教師は拒否してOK」っていうこの判決がホント支離滅裂だってことがよく分かる。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

より以前の記事一覧